そして名探偵は生まれた

歌野晶午「そして名探偵は生まれた」を読んだ。 以前に読んだのが単行本で、こちらは文庫版。 表題作の「そして名探偵は生まれた」「生存者、一名」「館という名の楽園で」の三作品に加えて、ボーナストラックとして「夏の雪、冬のサン 続きを読む…

放浪探偵と七つの殺人

歌野晶午「放浪探偵と七つの殺人」を読んだ。 これ読んだことなかったかも。歌野晶午作品にときどき出てくる、信濃譲二が活躍する短編集。 ほとんどの作品を読んだうえでの私見だけどあまり信濃譲二ってキャラクターたってないように思 続きを読む…

2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト

2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト。 あまり本を読めなかった。なぜだろう… 図書館で予約待ちになってる待機時間が多かった。その間は雑誌を読んで消化してるわけで。 好きな作家の本を結構読んでしまったのもあ 続きを読む…

密室殺人ゲーム王手飛車取り

歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってくれる。   結構ボリュームがあったが、あっというまに読み終えた。 面白かった 続きを読む…