#1 , #2 , #3 , #4 , #5 , #6 , #7 , #8 , #9 , #10 , #11 , #12 , #13 , #14 , #15 , #16 , #17 , #18 , #19 , #20 , #21 , #22 , #23 , #24 , #25 , #26 , #27 , #28 , #29 , #30 , #31


ソウルメイズへ飛ばされた。
何か入力をうながされる・・・

どうやら迷路を完成させなければならないようです。


このエリアでは、なんと位置を確かめることができません。
こういうところ、システムとしてすごいよなあとか思う。

プレイヤーのルールを壊してくれる。そういう幅を用意しているというか。


そんなわけで、ひたすらマッピング。


でもこんな場所がある。
これがあって、まあマッピングがしやすくなるというわけだ。

このソウルメイズは、通常とは違い、東西南北の端っこでループしている。
北の端と南の端がつながっているのだ。


敵の出現率は低いと思う。
ただ、たまに出会うと強めの敵が。何とか勝てるときもある。不思議なもんだ。


マッピングを完成させると、ずばり単語が浮かび上がる。そうかあいつの名前はそういう名前だったのか・・・
と入力をすると、


ん・・・?
これで、SHELTEMが始末されたということでいいのだろうか。

宇宙の聖域とは、アストラル・プレーンのことであろう。
アラマー城の近くに、そんな場所があった。


ソウルメイズを抜けると、ソーピガルの町にワープしていた。
さて、いよいよアストラル・プレーンを目指そう。

#1 , #2 , #3 , #4 , #5 , #6 , #7 , #8 , #9 , #10 , #11 , #12 , #13 , #14 , #15 , #16 , #17 , #18 , #19 , #20 , #21 , #22 , #23 , #24 , #25 , #26 , #27 , #28 , #29 , #30 , #31