アフター・アース

アフター・アース

「アフター・アース」を観た。

After Earth

ウィル・スミス親子の愛のかたち。いや前評判も何も、宣伝がガンガンだったのでウィル・スミスが親子でなんかアクション映画が凄い評判になってるとかなんとか、そういうのは嫌でも耳に入っていた。でも内容はまったく知らず、それでもウィル・スミスだしなあということで観た。

なんとびっくり、これM・ナイト・シャマランの監督なんですか。つうか原案と制作がウィル・スミスで、脚本(共同)と監督がM・ナイト・シャマランだったのね。ほんと知らなかったので、シャマランは「エアベンダー」の後は「デビル」のプロデュースで終わったのかと思ってました。こんなの撮ってたのですね。でもさすがに本人の出演もないのか?

舞台はかなり未来の地球外で、予想しない事態により地球に不時着した親子。でも父は動けず、息子が救助を求めるために単身で行動する。父は通信機越しに助けるも、果たして息子は目的地まで辿り着けるのか…という話。

ひたすらウィル・スミス親子しか出てこない。あとはCG。息子の成長物語であり、駆られる者の逃亡劇でもある。そう考えると「アポカリプト」にニアミスしていると思った。しかし「アポカリプト」のほうが1万倍面白いことは否定できない。

なんというか、そんなに面白くなかった。手堅い演出だしCGも頑張ってるとは思うが、どの場面もすでに先人がいて、演出にも先人がいる感じ。目新しいものがほとんど無いのだ。なんか観たことあるようなシーンばっかりだなあと思ってたら、そのまま終わってしまう。さすがにウィル・スミスの息子はウィル・スミスを助けるに至るだろうなあと思いながら観てるし、ドキドキする要素というのが最後のほうまでじらしてた「あいつ」である。

なんか別の機会にも書いたかもだが、CGの限界をすこしも超えられていないと思う。なんだろう。動物とかはCGでは不利だと思うのだ。動きがどうしても不自然だし、動物類はピクサーCGのようにCGである前提でしか成立しないと思うのだ。
非常に時間と手間暇とお金をかけて作ってるのだろうけど、CGが映画に貢献しておらず、かなり足を引っ張っている。津波だったり吹雪だったり周りの風景や乗り物ってのはCGはもう現実と区別がつかない領域に到達しているし、そっち方面が演出で活かされると映画も非現実世界を構築できるのだが。

 
アフター・アース [DVD]

アフター・アース [DVD]
エリジウム [DVD] ワールド・ウォーZ [DVD] エンド・オブ・ホワイトハウス [DVD] ラストスタンド [DVD] ホワイトハウス・ダウン [DVD]
by G-Tools

関連記事

猿の惑星: 創世記 「猿の惑星: 創世記(ジェネシス)」を観た。 旧シリーズがとても面白いのは言うまでもない。人によって意見は違うだろうが、俺は第3作から第5...
ファンタスティック・フォー 「ファンタスティック・フォー」を観た。 2015年の映画。これより前、「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット](2005年)」「フ...
シュレック 「シュレック」を観た。 もういつ観たか覚えてないくらいだが、一度観たことはある。あと2も観た。 久しぶりに観てみると、1は実にオーソ...
ウルフマン 「ウルフマン」を観た。 ベニチオ・デル・トロが主人公でウルフマン。アンソニー・ホプキンスがその父でウルフマン。エミリー・ブラントがヒロイン...
シックス・センス 「シックス・センス」を観た。 どうなんだろう。この釈然としない気持ちは。ただ奥が深そうではある。周りにはこれを観た人があまりいないため、そのことを...
コンタクト 「コンタクト」を観た。 嫌いじゃないSF。宇宙ってのがいい。 クライマックスのジョディ・フォスターが宇宙空間を旅するのが目玉だが、そこに行き着く...