超・殺人事件

4101395225.09.LZZZZZZZ.jpg

東野圭吾「超・殺人事件」を読んだ。

これは以前、誰かと飲んだときに電車の中で何か読むものを・・・と適当に本棚から取り出したので、まあ何回か読んだことがあるものだけど、わりと面白いなあと再認識した。

東野圭吾ものではかなり普通なんだけど、アイデアはあって読んでて非常に良いひまつぶしになる。

関連記事

白夜行 東野圭吾「白夜行」を読み終わった。 これはまさしく「読み出したら止まらない」本であった。読んでる自分で驚いていた。「何で止められないんだ!」 ...
時生 東野圭吾「時生」を読んだ。初出では「トキオ」らしい。 わりと面白く読めた。と言っても、本来の、東野圭吾作品を読む動機にはならないと思う。 動...
ゲームの名は誘拐 東野圭吾「ゲームの名は誘拐」を読んだ。 じつに東野圭吾らしいというか。軽さが。 どんでん返しも実にそれっぽい。「さあーそろそろ引っくり返しますよ...
さまよう刃 東野圭吾「さまよう刃」を読んだ。 「手紙」「殺人の門」のような…構成。面白く読めたし、力作だと思う。 でも、「どちらかが彼女を殺した」みたいなの...
ガリレオの苦悩 東野圭吾「ガリレオの苦悩」を読んだ。 容疑者Xとかテレビとかの、あのガリレオ。 シリーズ最新作は長編と短編の同時リリースとなったらしいです。…が...
流星の絆 東野圭吾「流星の絆」を読んだ。 図書館で予約して、どれだけ待たされたかなあ。半年以上経って、やっとまわってきた。 ドラマ化もされて有名ですよね。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です