インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」を観た。

Inside Llewyn Davis

なんと「リベンジ・フォー・ジョリー 愛犬のために撃て!」で主人公と行動を共にして好演のオスカー・アイザックが主演作なのである。コーエン兄弟の。
共演にはキャリー・マリガン、ジョン・グッドマン、ジャスティン・ティンバーレイク、F・マーリー・エイブラハムなど。

売れないフォーク歌手の売れない日々を追った話である。あまり展開性はない。
それなりに人を惹きつけるものはあるが、それでも自動で大スターになるわけでもない。話の最後には無名時代のボブ・ディランとすれ違うような演出もある。ほんの少しの差で、名を成すか売れずに放浪で終わるか、というやや厳しい最後を突きつけてくる。

オスカー・アイザックが主演であるということ自体が良いニュースというか、これでゴールデングローブ賞もノミネートされてるので、いよいよ来たかという感じだ。ジャスティン・ティンバーレイクも良い感じ。あとキャリー・マリガンのだらしない佇まい。