秘密

東野圭吾「秘密」を読んだ。

実は初めて。映画も観たことはない。

 
もちろん東野圭吾作品は、「秘密」が映画化される前から読んでいたと思う。
でも「秘密」が映画化された際に、なんていうのかなあ「あーこれで読めなくなったかな」とか思った。

恥かしいなとか…なんだろう。俺「失楽園」を観たこともないですけどあの映画が公開されてから「失楽園」を読めますかというのと同じ感覚なんだが。

 
まあともかく今回は、もう読む本も少なくなってきたので「まあいいか」という…読んでみましたよ。

 
なんか普通の本だなあと思った。
中盤の夫側がやきもきするところとか、イライラもどかしい感じもあったがぐいぐい読まされた。

ただ、終盤の(おそらく多くの読者が感動したと思われる)どんでん返しは、やはり感動できなかった。
やはり「どんでん返しがある」ということを知った状態で読むのは辛い。

 
意識が入れ替わるところは、特に突っ込んでいくわけではないんだな…そうかそうか。
俺、もしかして、意識が入れ替わったところの最初っからひっくり返すのかあと期待してたんだが。それはないか。