11.6 最強の現金強奪犯

「11.6 最強の現金強奪犯」を観た。

11.6

原題は「11.6」で、これは日付ではなく11.6ミリオンユーロを意味する。1,160万ユーロということか。
そして主演のフランソワ・クリュゼは「最強のふたり」で有名なダスティン・ホフマンみたいな顔の男なんだが、そのために邦題に「最強の」がついている次第だ。色々な事情があるのだろう。

さてこれは実際にあった事件をもとにしている。日本でも3億円事件を繰り返し追いかけ伝えるように、本作も約16億円ということでセンセーショナルなのだろう。犯罪にいたるプロセスが描かれ、そして余波も追いかける。
最後は不思議な余韻を味あわせるように終わる。なるほどなあという作り方。

途中、貸倉庫の奥の壁にて色々な仕掛けを仕込んでいるところ、あれはいったい何だったんだという肩透かしもあった。あれが何か重大な伏線であったならまだしも…というところではある。
それでも全体的には雰囲気あって面白かったと思いますが。

しかしこの邦題はない。

 
11.6~最強の現金強奪犯 [DVD]

11.6~最強の現金強奪犯 [DVD]
トカレフ ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray] フルスロットル  ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組) [Blu-ray] ラストミッション [DVD] ハミングバード [DVD] トランセンデンス [DVD]
by G-Tools