そして扉が閉ざされた

そして扉が閉ざされた

岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」を読んだ。

なかなか面白かった。
男女4人がシェルターに閉じ込められる。その原因が、ある女性の自殺に関係してるのじゃないかと気づく。そして、もしかして自殺じゃなく他殺じゃなかったのか、ということになり、誰が殺したのだということになる。

理論進行なので、石持浅海っぽい。実に。
(「扉は閉ざされたまま」がオマージュということか)

真実は何だったのかとか、誰がやったのかとか、ハードルを上げてたわりには綺麗にまとめたと思う。面白かった。
そうか、岡嶋二人の読むんだったら、これから読んだほうがいいわけだな…

 
映像化が向いてる作品だと思うが、…されてないんだろうか?

関連記事

プラネット・グーグル 「プラネット・グーグル」を読んだ。 面白かった。 グーグルの10年の歴史をだーっと解説していくんだが、取材やら引用やら、実によく調べたなあという...
ガール 奥田英朗「ガール」を読んだ。 ずいぶん図書館の予約で待たされた。やっと読めた。 楽しみにしていたし、あっという間に読んでしまい少し悲しいくらいだ...
戦争が終り、世界の終りが始まった フィリップ・K・ディック「戦争が終り、世界の終りが始まった」を読んだ。 これは前に読んだことがある。 数ヶ月前、つくばに行ったときの話のなかで、...
オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。 不思議な話だったなあ。面白かった。 わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。 他の...
東京物語 奥田英朗「東京物語」を読んだ。 面白かった。軽くて楽しんで読めた。 まあよくある、著者の若いころのほろ苦い青春記、という類ですが… これは...
松本清張全集15 松本清張全集15「けものみち」を読んだ。 面白かった。すごいボリュームでした。 ドラマは見てないけど、嫁に聞いた感じではちょくちょく脚色されてい...