そして扉が閉ざされた

そして扉が閉ざされた

岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」を読んだ。

なかなか面白かった。
男女4人がシェルターに閉じ込められる。その原因が、ある女性の自殺に関係してるのじゃないかと気づく。そして、もしかして自殺じゃなく他殺じゃなかったのか、ということになり、誰が殺したのだということになる。

理論進行なので、石持浅海っぽい。実に。
(「扉は閉ざされたまま」がオマージュということか)

真実は何だったのかとか、誰がやったのかとか、ハードルを上げてたわりには綺麗にまとめたと思う。面白かった。
そうか、岡嶋二人の読むんだったら、これから読んだほうがいいわけだな…

 
映像化が向いてる作品だと思うが、…されてないんだろうか?

関連記事

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」を読んだ。 図書館に予約入れてから随分と待たされた。 なかなか面白かった。 クライムノベルというか、他の...
パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
戦争が終り、世界の終りが始まった フィリップ・K・ディック「戦争が終り、世界の終りが始まった」を読んだ。 これは前に読んだことがある。 数ヶ月前、つくばに行ったときの話のなかで、...
邪魔 奥田英朗「邪魔」を読んだ。 長い。そして力作。 「最悪」を超えるインパクトは無かったけど、ぐいぐい読んだ。 なんでこうもごろごろ転がるかな...
2009年上半期に読んだ本 1月-6月に読んだ本で、初めて読んだ本で、小説。 いつものルールでまとめてみる。 東野圭吾「流星の絆」 東野圭吾「ガリレオの苦悩」 東野圭吾「聖女の...
フリーター漂流 松宮健一「フリーター漂流」を読んだ。 この前のNHKスペシャル「ワーキングプア」は見ていないわけだが、何か同じテーマというか切り口の本はないも...