そして扉が閉ざされた

そして扉が閉ざされた

岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」を読んだ。

なかなか面白かった。
男女4人がシェルターに閉じ込められる。その原因が、ある女性の自殺に関係してるのじゃないかと気づく。そして、もしかして自殺じゃなく他殺じゃなかったのか、ということになり、誰が殺したのだということになる。

理論進行なので、石持浅海っぽい。実に。
(「扉は閉ざされたまま」がオマージュということか)

真実は何だったのかとか、誰がやったのかとか、ハードルを上げてたわりには綺麗にまとめたと思う。面白かった。
そうか、岡嶋二人の読むんだったら、これから読んだほうがいいわけだな…

 
映像化が向いてる作品だと思うが、…されてないんだろうか?

関連記事

Apple II 1976-1986 「Apple II 1976-1986」を読んだ。 面白かった。充実した内容であった。 Windowsが本格登場する以前、Apple II とい...
静かな爆弾 吉田修一「静かな爆弾」を読んだ。 なかなか面白かった。 吉田修一の最高傑作ではないけれど、いつもいつもクオリティ高めだなあ。 番組制作をす...
最悪 奥田英朗「最悪」を読んだ。 力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティ...
パレード 吉田修一「パレード」を読んだ。 面白かった。 ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた...
クラインの壷 岡嶋二人「クラインの壷」を読んだ。 氏の評価が高いものを読んでいる。よりぬき。 「そして扉は閉ざされた」は面白かった。「99%の誘拐」は、まあま...
女王様と私 歌野晶午「女王様と私」を読んだ。 好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども) 全体的な大...