そして扉が閉ざされた

そして扉が閉ざされた

岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」を読んだ。

なかなか面白かった。
男女4人がシェルターに閉じ込められる。その原因が、ある女性の自殺に関係してるのじゃないかと気づく。そして、もしかして自殺じゃなく他殺じゃなかったのか、ということになり、誰が殺したのだということになる。

理論進行なので、石持浅海っぽい。実に。
(「扉は閉ざされたまま」がオマージュということか)

真実は何だったのかとか、誰がやったのかとか、ハードルを上げてたわりには綺麗にまとめたと思う。面白かった。
そうか、岡嶋二人の読むんだったら、これから読んだほうがいいわけだな…

 
映像化が向いてる作品だと思うが、…されてないんだろうか?

関連記事

パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
イン・ザ・プール 奥田英朗「イン・ザ・プール」を読んだ。 へえーー面白かった。 とても軽いのが良かった。読みやすかった。 正直、こういうのばかり読んで「...
ガール 奥田英朗「ガール」を読んだ。 ずいぶん図書館の予約で待たされた。やっと読めた。 楽しみにしていたし、あっという間に読んでしまい少し悲しいくらいだ...
重力ピエロ 伊坂幸太郎「重力ピエロ」を読んだ。 いや面白かったねえ。 最後、ちょっとジーンとしてしまいましたよ。 特に大仕掛けもなく、ストレートな話。...
2006年 上半期に読んだ本のベストをやってみる... 2006年になって半年過ぎた。ので、上半期に読んだ本のベストをやってみる。(ブログのカテゴリわけって、こういうとき便利だ) 対象となるのは、「2006年1...
初恋温泉 吉田修一「初恋温泉」を読んだ。 この作者の本には基本的に外れが少ないと思う。 これもさらっと読める軽いものだったけど、良い作品でした。 い...