ガーディアン

ガーディアン

石持浅海「ガーディアン」を読んだ。

連作中篇2つ。(短編といってもいいかも)
ガーディアンと呼ばれる、守護神に主人公は守られていて、主人公に危害が及ぶときは防いでくれる。そういう前提がまずあって、その上でミステリーというかドラマ。

なんか狙ってる気がしないでもない。
ひねりもなく、直球である。読むのもあっという間で、実質一時間ほどですべて読み終わっていると思うので、相当に薄い内容だ。石持浅海という時点で確かな読みやすさだが、これほどまでに薄いとは…

 
多作だが、小粒すぎ。
さすが「ガーディアンに守られた女子中学生が、郵便局で強盗に出くわしてしまい、活躍する」という内容ではミステリーもへったくれもなくて、石持浅海の作品かどうかも怪しいというものだ。

 

関連記事

BG、あるいは死せるカイニス 石持浅海「BG、あるいは死せるカイニス」を読んだ。 前から題名が気になっていたが、読んでなかった。 読んでみると、なるほど石持浅海クオリティであ...
水の迷宮 石持浅海「水の迷宮」を読んだ。 やっぱり石持浅海だ!という感じのクオリティ。(いまいちだったという…) なんで読むんだろう俺。 暇つぶしを...
温かな手 石持浅海「温かな手」を読んだ。 また連作短編。 限定された空間で、限られた情報で、ディスカッションの果てに解決されるってのは相変わらず。 ...
耳をふさいで夜を走る 石持浅海「耳をふさいで夜を走る」を読んだ。 主人公は急遽、知り合いの女性3人を殺害することを余儀なくされて、一晩中奔走する。 という話。 ...
月の扉 石持浅海「月の扉」を読んだ。 以前に「扉は閉ざされたまま」を読んで、そこそこ面白かったが最後がいまいちで、なんとも評価しにくかったので。 この「...
まっすぐ進め 石持浅海「まっすぐ進め」を読んだ。 男女4人。みんな人格者で、議論して、推測からある真実を導き出す。 いつもの石持浅海クオリティだ。もはや定番か...