ガーディアン

ガーディアン

石持浅海「ガーディアン」を読んだ。

連作中篇2つ。(短編といってもいいかも)
ガーディアンと呼ばれる、守護神に主人公は守られていて、主人公に危害が及ぶときは防いでくれる。そういう前提がまずあって、その上でミステリーというかドラマ。

なんか狙ってる気がしないでもない。
ひねりもなく、直球である。読むのもあっという間で、実質一時間ほどですべて読み終わっていると思うので、相当に薄い内容だ。石持浅海という時点で確かな読みやすさだが、これほどまでに薄いとは…

 
多作だが、小粒すぎ。
さすが「ガーディアンに守られた女子中学生が、郵便局で強盗に出くわしてしまい、活躍する」という内容ではミステリーもへったくれもなくて、石持浅海の作品かどうかも怪しいというものだ。

 

関連記事

人柱はミイラと出会う 石持浅海「人柱はミイラと出会う」を読んだ。 実に石持浅海クオリティ。連作短編集だがそれぞれしっかりトリックを織り込みましたって感じ。 題...
Rのつく月には気をつけよう 石持浅海「Rのつく月には気をつけよう」を読んだ。 連作短編。 なんか親友同士の食事会に毎度ゲストが来て、それで卓上推理っていうんでしょうか。 ...
顔のない敵 石持浅海「顔のない敵」を読んだ。 ああ…また石持浅海を。なんで読むのかね俺は。 楽だからだろうなあ。松本清張全集を連続で読むのは辛い以外の何者で...
BG、あるいは死せるカイニス 石持浅海「BG、あるいは死せるカイニス」を読んだ。 前から題名が気になっていたが、読んでなかった。 読んでみると、なるほど石持浅海クオリティであ...
月の扉 石持浅海「月の扉」を読んだ。 以前に「扉は閉ざされたまま」を読んで、そこそこ面白かったが最後がいまいちで、なんとも評価しにくかったので。 この「...
賢者の贈り物 石持浅海「賢者の贈り物」を読んだ。 (しかし多作な作家だ) もちろん、「賢者の贈り物」と言えば、オー・ヘンリーの短編であるけど、今回の石持浅海ク...