クロニクル

「クロニクル」を観た。

Chronicle

ティーンムービーの淡い感じかと思ってた。まったく予備知識ない状態で観るのはいつものことだ。
すべてのシーンが誰かの何かしらの撮影映像から構成されているという仕立てになっており、低予算をカバーする作品なのかと思ってた。低予算で作った映画が大ヒットとなった…みたいなもんかと。

違うのですね。CG大作なのですね。えらく凝ったCGや構成だったと思います。
異星からの何かっぽいもの(とにかく謎すぎ)に接触したことで不思議な能力が開花し、それが暴走してやがて…という話だ。

主人公の一人が実に若い頃のディカプリオっぽく、こいつが自信のない悩める男から能力に目覚めて顔つきも変化していくプロセスが実にマンガというかわかりやすかった。
CGは必然となる作品だが、どうしても人間まわりの処理は難しいのだなと思った。何かボールが浮くとか岩が浮くとか車が浮くとか、そういうときのCGってのはどの映画であっても現実と見分けがつかないところまで到達していると思う。しかし、人間が浮くとか飛び回るとか、そういうのって「ああCGだなあ」というのが気になってしまうレベルに過ぎないと思う。アニメなどで自由に表現されているところが、まだまだCGでは難しいのだと思った。