あの日にドライブ

荻原浩「あの日にドライブ」を読んだ。

薄くて軽い。あっという間に読めた。
会社をドロップした人がやむなくタクシー運転手になるが、プライドが邪魔してうまくいかず、そして段々と再生していく…という話。

読み終わって、「よーし俺も明日から頑張るぞ」

てな気持ちには残念ながらならなかった。

たぶん、色々と取材したのだろう。それで、その裏話を盛り込んだのだろう。
なんかそれだけって感じに終わっていて、軽くて薄いけど良い作品てとこまでいってないのが惜しい。

読んだあとに、何も残らなかったしなあ。

軽いので読んでて気が楽だったけど。

岸田今日子が亡くなった。
この人、岸田國士の次女だったんですか!知らなかったよ。

これは一般常識なんですかね。
驚いた。二世かー。二世ばっかりだな。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です