ダウト あるカトリック学校で

「ダウト あるカトリック学校で」を観た。

久しぶりに観た。やはり面白かった。

メリル・ストリープ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィスが出演。4人ともアカデミー賞の主演助演でノミネートされたという作品だ。脚色賞もあわせてノミネート。受賞は逃した。この年に主演女優賞を受賞したのは「愛を読むひと」のケイト・ウィンスレット、助演男優賞は「ダークナイト」のヒース・レジャーが死後受賞。助演女優賞は「それでも恋するバルセロナ」のペネロペ・クルスが本作のエイミー・アダムスとヴィオラ・デイヴィスをおさえて、さらに「レスラー」のマリサ・トメイもおさえて受賞である。

ある疑惑について、メリル・ストリープが容赦ない感じでフィリップ・シーモア・ホフマンにぶつかっていくところはなかなかの見どころ。この作品でのメリル・ストリープはけっこう凄いものがあった。エイミー・アダムスはじわっと抑えた感じ。

実質的に一場面のみ、10数分の出演でアカデミーノミネートを得たヴィオラ・デイヴィスが印象的だ。それまでも数々の映画で端役に近い状態で映画出演を続けていたヴィオラ・デイヴィスが一躍スターになる瞬間である。このとき43歳。映画っていいもんだ。

2008年(第81回)アカデミー賞
主演女優賞ノミネート(メリル・ストリープ)
助演男優賞ノミネート(フィリップ・シーモア・ホフマン)
助演女優賞ノミネート(エイミー・アダムス)
助演女優賞ノミネート(ヴィオラ・デイヴィス)
脚色賞ノミネート

関連記事

インサイド・ミー 「インサイド・ミー」を観た。 エミリー・ブラウニング主演。共演者らはよくわからない。ただ途中でフランシス・フィッシャーが脇役っぽく出てくる...
ルーカスの初恋メモリー 「ルーカスの初恋メモリー」を観た。 初めて観たかなあ。たぶん。 ウィノナ・ライダーのデビュー作ということである。眩しいティーン時代は誰に...
エリザベス 「エリザベス」を観た。 舞台は英国。エリザベスをケイト・ブランシェット。他にジェフリー・ラッシュやジョセフ・ファインズ、ヴァンサン・カッセルやダニ...
アーティスト 「アーティスト」を観た。 アカデミー賞受賞の有名作。サイレントからトーキーへ移り変わる頃の物語。 あえて(ほぼ)全編をサイレント風味でお...
愛が微笑む時 「愛が微笑む時」を観た。 いや、いい映画じゃないですか。 面白かった。初めて観た、と思う。 ロバート・ダウニー・Jr.がとても達者。いくつ...
偶然の旅行者 「偶然の旅行者」を観た。 ウィリアム・ハート、キャスリーン・ターナー、ジーナ・デイヴィス。いずれも昔っぽさを感じさせるキャスト。これ1988年の作...