000612450000.jpg

「松本清張全集1」を読んだ。

収録されているのは「点と線」「時間の習俗」「影の車」である。
「点と線」「時間の習俗」それぞれ、アリバイトリックものであり、正直古典という感じでもあるが、楽しめる。「点と線」はなあ。これを読んだから、読書が嫌いじゃなくなったのだと思う。いつ読んだのか忘れたけど。

「時間の習俗」は、実ははじめて読んだのかもしれない。これ、「点と線」の活躍コンビがまた登場してくるのだ。松本清張としては結構めずらしいのではないか。

二人はやはり離れた地域でお互いに協力して犯人を捜す・・・いや、どっちかっていうと犯人はなんとなくめぼしがついてて、そのアリバイをいかに崩すか、という小説である。

「動機なんてものはこれから明らかになるさ」という姿勢が、「時間の習俗」ではむしろすがすがしいくらいだ。

「影の車」は、ひとつの小説じゃなく連作短編。それぞれに関連性はないが、短編をまとめて「影の車」と呼ぶ。

収録作品は以下。

・潜在光景
・典雅な姉弟
・万葉翡翠
・鉢植を買う女
・薄化粧の男
・確証
・田舎技師

まーどれも良くできた作品。こういう短編は本当に読んでて気分がいいというか。気軽に読めて、時間を無駄にしないで。
古典ではあるが。というところを強調しておく。

 

点と線 (新潮文庫) 点と線 (新潮文庫)
松本 清張

ゼロの焦点 (新潮文庫) 砂の器〈上〉 (新潮文庫) 砂の器〈下〉 (新潮文庫) 張込み (新潮文庫―傑作短篇集) Dの複合 (新潮文庫)
by G-Tools

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です