ザ・エンド

「ザ・エンド」を観た。

Fin

スペインの映画ということだ。出演者のうちMaribel Verdúは「天国の口、終りの楽園。」や「パンズ・ラビリンス」に出演している人。

とても久しぶりに旧友が集まり、とある山荘で過ごすわけだが、なんか異変を感じて何だと思ってると人々が消えていた…という世界観。
最初の山荘での諍いとか言い争いとか、そこでの人間関係が何か伏線になってるかと思いきやそこまででもなく、あとはひたすら人が消えていく恐怖の世界である。

正直、観ながら実に不思議な映画だなーと思わなくもなかったですが、それでも実に味のある演出が続き、とても映画っぽいと思った。
なんか消えていく切なさみたいなのがじんわりきた。

出演者たちがよくわからない(いやスペインでは超有名な方々なんだろうが)ので、そこがちょっと映画的な感じじゃないんだが、それでも最後のボートの上で終わるところなんて、実に粋だったと思います。

わりとお薦め。