ジェイン・オースティンの読書会

ジェイン・オースティンの読書会

「ジェイン・オースティンの読書会」を観た。

ジェイン・オースティンとは何者なんだ。
そうか、「プライドと偏見(高慢と偏見)」やら「いつか晴れた日に(分別と多感)」の原作か。有名なんだ。

それの読書会をやろうってんで、集まった人々の人間模様。

マリア・ベロとか、エイミー・ブレナマンとか。
あとLOSTの死んじゃった女の人もいた。

洒落た感じを狙った、とりとめもない話だなあと思った。
なんか淡々と最後まで…何が言いたいのかよくわからん。

こりゃ読んでないとどうしようもないのか?

 
エミリー・ブラントは魅力たっぷりだった。
こんなに綺麗な人だったとは。

 

関連記事

憧れのウェディング・ベル 「憧れのウェディング・ベル」を観た。 エミリー・ブラントとJason Segelが主役。Jason Segelは、「バッド・ティーチャー」...
シークレット・ウインドウ 「シークレット・ウインドウ」を観た。 つまんなかった。 なんつーか二重人格ものって、もう観客を満足させられないんじゃないかなあ。 途中から...
ラブ・トライアングル 「ラブ・トライアングル」を観た。 検索して知ったが「ラブ・トライアングル」って曲があるのですね。SEO的に圧倒していて、この映画が全然ひっ...
クワイエット・プレイス In a post-apocalyptic world, a family is forced to live in silence while hid...
イントゥ・ザ・ウッズ 「イントゥ・ザ・ウッズ」を観た。 複数の登場人物と複数の物語からなる話で、主演ははっきりしないが日本ではメリル・ストリープ主演ということに...
カンパニー・メン 「カンパニー・メン」を観た。 ジョン・ウェルズの脚本監督作である。長編デビューとのことだ。最初は題名を観たときにCUBEの監督の「カンパニ...