密室殺人ゲーム2.0

密室殺人ゲーム2.0

歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読んだ。

これは「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編である。この「飛車取り」のほうは、なんというタイトルだと思ったものの、内容としてはなかなかのもので、歌野晶午の技が冴え渡る感じでした。その続編である。実に楽しみにしてて、楽しみに読んだ。

うーむ。
やはり続編、というクオリティか。
面白いことは面白い。読んでる間、わりと夢中になってた。しかし途中でなあ。あの明らかになるところがなあ。

というのはですね、前作のネタバレになってしまいそうだが、前作のラストでアレだったので、どうして続編が作れるのだろうと最初は思ってたのですよ。だから、日付とか仕掛けがあるのかなあと思ってたのだが、途中でその続編である所以が明らかになるのだ。ここで、「ははあ、そういうことなのね」となるのだが、俺、てっきりこれが仕掛けで、ラストに大仕掛けあるのだと思っていたよ。
ところがそうはならず。

一番最後の話はねえ、もう最初っから落ちが読めてしまった。「某日」で決定的だと思った。
てっきり、そこの落ちを「読めちゃったよ」と思わせておいての、大仕掛けかと期待した。それはなかったので残念。

でも面白いんですよ。
前作から読まないと意味ないから、ぜひ読んでほしいシリーズだが。

関連記事

女王様と私 歌野晶午「女王様と私」を読んだ。 好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども) 全体的な大...
容疑者Xの献身 「容疑者Xの献身」を観た。 邦画を観るのって何年ぶりなんだろう。 この前、テレビでこの作品を上映していて、ついついちょいちょい見てしまい...
オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。 不思議な話だったなあ。面白かった。 わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。 他の...
誰でもない男の裁判 A.H.Z.カー「誰でもない男の裁判」を読んだ。 面白かった。世界初の短編集らしい。エラリー・クイーン・ミステリマガジン入選作などがおさめられてい...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...