密室殺人ゲーム2.0

密室殺人ゲーム2.0

歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読んだ。

これは「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編である。この「飛車取り」のほうは、なんというタイトルだと思ったものの、内容としてはなかなかのもので、歌野晶午の技が冴え渡る感じでした。その続編である。実に楽しみにしてて、楽しみに読んだ。

うーむ。
やはり続編、というクオリティか。
面白いことは面白い。読んでる間、わりと夢中になってた。しかし途中でなあ。あの明らかになるところがなあ。

というのはですね、前作のネタバレになってしまいそうだが、前作のラストでアレだったので、どうして続編が作れるのだろうと最初は思ってたのですよ。だから、日付とか仕掛けがあるのかなあと思ってたのだが、途中でその続編である所以が明らかになるのだ。ここで、「ははあ、そういうことなのね」となるのだが、俺、てっきりこれが仕掛けで、ラストに大仕掛けあるのだと思っていたよ。
ところがそうはならず。

一番最後の話はねえ、もう最初っから落ちが読めてしまった。「某日」で決定的だと思った。
てっきり、そこの落ちを「読めちゃったよ」と思わせておいての、大仕掛けかと期待した。それはなかったので残念。

でも面白いんですよ。
前作から読まないと意味ないから、ぜひ読んでほしいシリーズだが。

関連記事

ガール 奥田英朗「ガール」を読んだ。 ずいぶん図書館の予約で待たされた。やっと読めた。 楽しみにしていたし、あっという間に読んでしまい少し悲しいくらいだ...
ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」を読んだ。 図書館に予約入れてから随分と待たされた。 なかなか面白かった。 クライムノベルというか、他の...
2009年上半期に読んだ本 1月-6月に読んだ本で、初めて読んだ本で、小説。 いつものルールでまとめてみる。 東野圭吾「流星の絆」 東野圭吾「ガリレオの苦悩」 東野圭吾「聖女の...
容疑者Xの献身 「容疑者Xの献身」を観た。 邦画を観るのって何年ぶりなんだろう。 この前、テレビでこの作品を上映していて、ついついちょいちょい見てしまい...
2009年下半期に読んだ本と、2009年のベスト... 2009年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 吉田修一「横道世之介」...
Apple II 1976-1986 「Apple II 1976-1986」を読んだ。 面白かった。充実した内容であった。 Windowsが本格登場する以前、Apple II とい...