密室殺人ゲーム2.0

密室殺人ゲーム2.0

歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読んだ。

これは「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編である。この「飛車取り」のほうは、なんというタイトルだと思ったものの、内容としてはなかなかのもので、歌野晶午の技が冴え渡る感じでした。その続編である。実に楽しみにしてて、楽しみに読んだ。

うーむ。
やはり続編、というクオリティか。
面白いことは面白い。読んでる間、わりと夢中になってた。しかし途中でなあ。あの明らかになるところがなあ。

というのはですね、前作のネタバレになってしまいそうだが、前作のラストでアレだったので、どうして続編が作れるのだろうと最初は思ってたのですよ。だから、日付とか仕掛けがあるのかなあと思ってたのだが、途中でその続編である所以が明らかになるのだ。ここで、「ははあ、そういうことなのね」となるのだが、俺、てっきりこれが仕掛けで、ラストに大仕掛けあるのだと思っていたよ。
ところがそうはならず。

一番最後の話はねえ、もう最初っから落ちが読めてしまった。「某日」で決定的だと思った。
てっきり、そこの落ちを「読めちゃったよ」と思わせておいての、大仕掛けかと期待した。それはなかったので残念。

でも面白いんですよ。
前作から読まないと意味ないから、ぜひ読んでほしいシリーズだが。

関連記事

新宿熱風どかどか団 また椎名誠「新宿熱風どかどか団」を読んだ。 このシリーズの中では一番あっさり目という感じの本作だけど、それでも楽しさが伝わってくるよねえ。 いろ...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
そして名探偵は生まれた 歌野晶午「そして名探偵は生まれた」を読んだ。 以前に読んだのが単行本で、こちらは文庫版。 表題作の「そして名探偵は生まれた」「生存者、一名」「館...
家守 歌野晶午「家守」を読んだ。 傑作短編集、とある。・・・傑作ではないが、実に歌野晶午らしい作品ばかりで、面白く読めた。 とにかく普通でなく何とかし...
崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...
横道世之介 吉田修一「横道世之介」を読んだ。 これは面白かった。 ぜひ人に薦めたい本。 横道世之介という主人公の19歳の大学一年の一年間を綴った作品だ...