I’m sorry, mama

Imsorrymama

桐野夏生「I’m sorry, mama」を読んだ。

なかなか面白かった。
最後のほうめちゃくちゃだったけど。

置屋に生まれて、誰が親だかよくわからないで虐待されて戸籍もなく育ったアイ子。自分で交番に駆け込んで相談に行って、施設に預けられたけど人格はとうに歪んでしまい、気に入らない人には火をつけるという…

ぐいぐい読まされる。
粗っぽいところかなりあるけど、それでも面白い。薄い文庫本だったけど、ずいぶん濃密だった。

しかし最後はめちゃくちゃだった。逃げて川に飛び込んでおしまい。
もっともっと続きを読みたかった。

関連記事

誰でもない男の裁判 A.H.Z.カー「誰でもない男の裁判」を読んだ。 面白かった。世界初の短編集らしい。エラリー・クイーン・ミステリマガジン入選作などがおさめられてい...
東京物語 奥田英朗「東京物語」を読んだ。 面白かった。軽くて楽しんで読めた。 まあよくある、著者の若いころのほろ苦い青春記、という類ですが… これは...
ジェシカが駆け抜けた七年間について... 歌野晶午「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 一気に読んでしまった。ということは、面白かったのだろう。 最後のほうまでどのように転が...
プラネット・グーグル 「プラネット・グーグル」を読んだ。 面白かった。 グーグルの10年の歴史をだーっと解説していくんだが、取材やら引用やら、実によく調べたなあという...
初恋温泉 吉田修一「初恋温泉」を読んだ。 この作者の本には基本的に外れが少ないと思う。 これもさらっと読める軽いものだったけど、良い作品でした。 い...
フィッシュストーリー 伊坂幸太郎「フィッシュストーリー」を読んだ。 図書館で予約したのはいつのことだったか…えらく待たされて、やっと借りられたのである。 とんでもなく...