I’m sorry, mama

Imsorrymama

桐野夏生「I’m sorry, mama」を読んだ。

なかなか面白かった。
最後のほうめちゃくちゃだったけど。

置屋に生まれて、誰が親だかよくわからないで虐待されて戸籍もなく育ったアイ子。自分で交番に駆け込んで相談に行って、施設に預けられたけど人格はとうに歪んでしまい、気に入らない人には火をつけるという…

ぐいぐい読まされる。
粗っぽいところかなりあるけど、それでも面白い。薄い文庫本だったけど、ずいぶん濃密だった。

しかし最後はめちゃくちゃだった。逃げて川に飛び込んでおしまい。
もっともっと続きを読みたかった。

関連記事

容疑者Xの献身 「容疑者Xの献身」を観た。 邦画を観るのって何年ぶりなんだろう。 この前、テレビでこの作品を上映していて、ついついちょいちょい見てしまい...
松本清張全集10 松本清張全集10「黒の図説」を読んだ。 黒の…ばっかりだ。また短編集。 ・速力の告発 ・分離の時間 ・鴎外の婢 ・書道教授 ・六畳の...
光源 桐野夏生「光源」を読んだ。 ある映画を作る現場のドタバタ。何人かの思惑とかが絡みあう。 最近の、読み応えがあるものとは違うなと感じた。 軽...
チェーン・ポイズン 本多孝好「チェーン・ポイズン」を読んだ。 面白かった。 自殺を考えてる人と、複数の自殺に関連性を感じて調査する人と、2つの物語が進む話。 ...
冷蔵庫より愛をこめて 阿刀田高「冷蔵庫より愛をこめて」を読んだ。 久しぶりに読んだ。阿刀田高の初期短編集だ。 これは世の中の評価はそれなりに高く、俺も初めて読んだとき...
チンギス・ハーンの一族 陳舜臣の「チンギス・ハーンの一族」を読んでいる途中。 「十八史略」は宋の滅亡をもって終わり、「小説十八史略」では元のことにも少し触れてはいるものの...