I’m sorry, mama

Imsorrymama

桐野夏生「I’m sorry, mama」を読んだ。

なかなか面白かった。
最後のほうめちゃくちゃだったけど。

置屋に生まれて、誰が親だかよくわからないで虐待されて戸籍もなく育ったアイ子。自分で交番に駆け込んで相談に行って、施設に預けられたけど人格はとうに歪んでしまい、気に入らない人には火をつけるという…

ぐいぐい読まされる。
粗っぽいところかなりあるけど、それでも面白い。薄い文庫本だったけど、ずいぶん濃密だった。

しかし最後はめちゃくちゃだった。逃げて川に飛び込んでおしまい。
もっともっと続きを読みたかった。

関連記事

誰でもない男の裁判 A.H.Z.カー「誰でもない男の裁判」を読んだ。 面白かった。世界初の短編集らしい。エラリー・クイーン・ミステリマガジン入選作などがおさめられてい...
密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってく...
2006年 上半期に読んだ本のベストをやってみる... 2006年になって半年過ぎた。ので、上半期に読んだ本のベストをやってみる。(ブログのカテゴリわけって、こういうとき便利だ) 対象となるのは、「2006年1...
ガラスの城 松本清張「ガラスの城」を読んだ。 これは結構面白かった。 話は二部からなっている。 最初は「三上田鶴子の手記」、次に「的場郁子のノート」という...
ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」を読んだ。 図書館に予約入れてから随分と待たされた。 なかなか面白かった。 クライムノベルというか、他の...
そして扉が閉ざされた 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」を読んだ。 なかなか面白かった。 男女4人がシェルターに閉じ込められる。その原因が、ある女性の自殺に関係してるの...