I’m sorry, mama

Imsorrymama

桐野夏生「I’m sorry, mama」を読んだ。

なかなか面白かった。
最後のほうめちゃくちゃだったけど。

置屋に生まれて、誰が親だかよくわからないで虐待されて戸籍もなく育ったアイ子。自分で交番に駆け込んで相談に行って、施設に預けられたけど人格はとうに歪んでしまい、気に入らない人には火をつけるという…

ぐいぐい読まされる。
粗っぽいところかなりあるけど、それでも面白い。薄い文庫本だったけど、ずいぶん濃密だった。

しかし最後はめちゃくちゃだった。逃げて川に飛び込んでおしまい。
もっともっと続きを読みたかった。

関連記事

静かな爆弾 吉田修一「静かな爆弾」を読んだ。 なかなか面白かった。 吉田修一の最高傑作ではないけれど、いつもいつもクオリティ高めだなあ。 番組制作をす...
砂漠 伊坂幸太郎「砂漠」を読んだ。 面白かった。たいしたもんだなあ。打率高いよ(あくまで俺にとってのフィーリングですから)。 なんか学生の頃が...
煙か土か食い物 舞城王太郎「煙か土か食い物」を読んだ。 いや、えらく面白かった。 なんすかこれは。こういう人がいたのか。 最初からすごい文体なんだが一気に...
追憶のかけら 貫井徳郎「追憶のかけら」を読んだ。 最後はちょっと雑な印象もあるが、全般的に力作。あっという間に読み進めた。 途中のボリュームのある手記がすごい...
そして扉が閉ざされた 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」を読んだ。 なかなか面白かった。 男女4人がシェルターに閉じ込められる。その原因が、ある女性の自殺に関係してるの...
戦争が終り、世界の終りが始まった フィリップ・K・ディック「戦争が終り、世界の終りが始まった」を読んだ。 これは前に読んだことがある。 数ヶ月前、つくばに行ったときの話のなかで、...