ディス/コネクト

ディス/コネクト

「ディス/コネクト」を観た。

Disconnect

軽い、ゆるーい物語なのかと思ったらそうでもなかった。重めで力作だった。
ジェイソン・ベイトマン、ポーラ・パットン、アンドレア・ライズボローなど。

SNSとかインターネットを基点とした3つの物語が描かれる。登場人物たちは現実で繋がっているが物語としては別個になった構成だ。ネットは怖い!みたいな感想に帰結するとアレだが、作品自体は「クラッシュ」のように重厚なところを狙っている。実際に狙えていたと思う。面白かった。

ジェイソン・ベイトマンの息子は友達がいないがSNSで共通の趣味を持つ女の子と知り合う。が、その女の子は彼をからかう同校のある生徒の仕業だった。裸の写真を送ったことで学校に広まり、絶望した息子は自殺を図る。ジェイソン・ベイトマンは究明に動き出す。
同校のある生徒の父親はネット犯罪を調べるフリーの仕事をしていて、ポーラ・パットン夫婦の調査を手がける。SNSでのやり取りからフィッシングサイトへ誘導されて個人情報を抜かれ、財産をなくした夫婦。相手の正体を突き止めるも警察は動いてくれない。夫婦は強硬手段に出ようとして…
ジェイソン・ベイトマンが顧問弁護士をつとめるテレビ局ではアンドレア・ライズボローがポルノチャットに出演する少年に接触してドキュメンタリーを完成させようと奔走する。しかし少年との関係が深まっていき…

という3つの物語。

ジェイソン・ベイトマンはコメディが主路線なのだろうけどこういうシリアスもいけるのですねという感じ。アンドレア・ライズボローは年齢不詳な感じだが今回は最後まで生きていた(他作品では、いつも途中で死ぬ役ばかり)。

重いけど力作だったなあ。