ハンティング・パーティ -CIAの陰謀-

ハンティング・パーティ

「ハンティング・パーティ -CIAの陰謀-」を観た。

リチャード・ギアにテレンス・ハワード。あとダイアン・クルーガー。
ジャーナリストがテロリストをとっ捕まえに行くという話。半分くらい実話で、フィクションとノンフィクションの間という感じの作品。だそうです。

 
実際のところ、危険なところに赴くということがどういうことなのか、ちょっとくらいは伝わってくる。
観てて、あーこれはとても無理だわ、ということも。

なんでジャーナリストってあんなところに行くんだ?とも思った。使命感とか。
内容はシリアスものかもしれないが、あくまでコミカルに描くところもあって、ちょっと軽め。自嘲ぎみな演出。

テレンス・ハワードって、なんていうかラグジュアリーっていうんですかねえリッチ層が似合う俳優だ。だから戦地で銃弾をかいくぐるカメラマンっていまひとつ似合わない感じだった。達者だけど。

ダイアン・クルーガーが途中で出てきてびっくりしたんだが、こんなのダイアン・クルーガーである理由あるんかいなという役だった。

 

関連記事

7デイズ 「7デイズ」を観た。 なにが7デイズなのかというと、Dermot Mulroneyとダイアン・クルーガーの娘が肺移植が必要な状態で、その命...
ソーシャル・ネットワーク 「ソーシャル・ネットワーク」を観た。 久しぶりに劇場で鑑賞。ガラガラで大丈夫かという気になった。 デヴィッド・フィンチャー監督の最新作で、Fac...
マリー・アントワネットに別れをつげて... 「マリー・アントワネットに別れをつげて」を観た。 マリー・アントワネットがフランス革命により逃亡する流れを淡々と綴ったもので、マリー・アン...
アウェイク 「アウェイク」を観た。 以前観たことあって、もうその時とほぼ感想は一緒。 主役はヘイデン・クリステンセンなんですがそれはどうでもいいんで...
ラスト3デイズ 「ラスト3デイズ」を観た。 中年男性(よくわからんのだが、向こうではスターなのだろう)と、その妻がダイアン・クルーガー(なぜだ!)で、誤解...
アイム・ノット・ゼア 「アイム・ノット・ゼア」を観た。 ボブ・ディランの伝記。を、6人が演じる。年齢も人種もバラバラ。フィクションたっぷり。ケイト・ブランシェットもいる...