容疑者、ホアキン・フェニックス

「容疑者、ホアキン・フェニックス」を観た。

いやーこれはつまらなかったねえ。
モキュメンタリーということだが、それすら成立してない感じだった。

ホアキン・フェニックスが突如俳優を引退して、ヒップホップをやると言い出した。それで業界は騒然とするのだが、実はこれは全世界を騙す壮大な数年がかりのドッキリだった!…というのが、DVDジャケット裏のうたい文句である。

実際はかなり違った。
突如引退してヒップホップへ転向するというのは本当なのだが、監督であるケイシー・アフレックの存在と、この引退騒動自体がフェイクではないのか?というのは早々にバレており、何も騙せていないのだ。

全編にわたり、ただ「うまくいかねーなー」と嗚咽をもらすホアキン・フェニックスが映るばかり。非常に汚い描写もあったり。それでグダグダのまま終わる。

このモキュメンタリーにより何の効果が得られたのかは、さっぱりだ。
ひとつ明らかなのは、何をしようとしたとしても、2008年から2010年にかけてのこの騒動により、ホアキン・フェニックスは映画に出ていない。実際のカムバックは実に2012年になってからなのだ。すなわち4年近く、しかも30代後半の時期に、何も映画出演しなかったのは大きな損失だと思う。本当にもったいないことだ。

これは観てはいけない。

 

関連記事

裏切り者 「裏切り者」を観た。 マーク・ウォールバーグ、ホアキン・フェニックス、シャーリーズ・セロン、そしてジェームズ・カーン、エレン・バースティン...
フリー・ゾーン 明日が見える場所 「フリー・ゾーン 明日が見える場所」を観た。 これは辛かったなあ… 全然面白くなかった。まあもともと面白いような題材じゃないというか、面...
ビッグ・ピクチャー 顔のない逃亡者 「ビッグ・ピクチャー 顔のない逃亡者」を観た。 主演はRomain Durisで誰なんだろう。ちょいちょいカトリーヌ・ドヌーヴが出てくる。...
her/世界でひとつの彼女 「her/世界でひとつの彼女」を観た。 以前にも観たことある。吹き替えの質が高く、脚本もよくて高評価だった。久しぶりに観て同じ評価だ。面白...
悪の法則 「悪の法則」を観た。 「ノーカントリー」の原作者コーマック・マッカーシー脚本、リドリー・スコット監督によるサスペンス映画。出演は、マイケル...
マルコヴィッチの穴 GWだからではないが、映画を観る。ビデオだが。 「マン・オン・ザ・ムーン」を観る。面白かった。ジム・キャリーうまい。 「キッド」を観る。普通。 ...