真実の瞬間

真実の瞬間

「真実の瞬間」を観た。

しんじつのとき、と読む。
観たのは二回目かなあ。むかーし、ロバート・デ・ニーロのをひととおり観たときにざっと観た。そんな面白くなかったような。

ハリウッドを襲った黒歴史、赤狩りの話だ。いろんな映画で題材にされるし知ってる人も多いだろう。この事件によりチャップリンはアメリカを出ていってしまっただとか、このあとアメリカン・ニューシネマの時代がやってくるとか。

題材としてはわかるんだが、それをどう映画化するのか。
この映画は、驚くほど映画っぽくないのである。ただ、赤狩りの時代の話を描くだけだ。もう、ドラマとしか言えない感じで、久しぶりに「これは実に映画っぽくないなあ」と驚いたものである。

まだ映画デビューしたてのトム・サイズモアがいたり、クリス・クーパーやイレーナ・ダグラスがいたり。
メンツも悪くないんだがなあ。なんでか映画っぽくなかった。

関連記事

アダム -神の使い 悪魔の子- 「アダム -神の使い 悪魔の子-」を観た。 ロバート・デ・ニーロか… よく「演技の神様」みたいな言われ方をしてましたが、どこが神様なんだという作...
世界にひとつのプレイブック 「世界にひとつのプレイブック」を観た。 言わずとしれたアカデミー作品賞ノミネート作品だ。俳優部門でノミネート総なめにして、なんとジェニファ...
クライシス・デイ 「クライシス・デイ」を観た。 もう何も言うまいのトム・サイズモア印の作品です。 いったい全体なぜトム・サイズモアの出演作を追いかけて...
バトルスティール 「バトルスティール」を観た。 トム・サイズモアが出演しているSF…といえばいいのか、微妙なジャンル。DVDジャケットはいかにも「パシフィッ...
トゥルー・ロマンス 社用で大阪へ。 新幹線の中では「ここで使わないでいつ使うんだ」とばかり、HMP-A1を取り出し映画鑑賞。 集中して観てると、画面の小ささとか気にならない...
マーズ・アタック! 「マーズ・アタック!」を観た。 観たことなかった。ティム・バートン監督なんですか?なんか敬遠してしまっていた。 内容としてはオールスター...