ふたりの男とひとりの女

ふたりの男とひとりの女

「ふたりの男とひとりの女」を観た。

題名だけだとフランス映画っぽい。でもジム・キャリーだ。
あとレニー・ゼルウィガーとかクリス・クーパーとか。

昔からストレスを外に発散できないジム・キャリーが、二重人格になってしまう。その騒動に巻き込まれるヒロインがレニー・ゼルウィガー。

ずいぶんライトに二重人格を描くなあってくらい、下ネタと二重人格を繰り返した映画だった。ジム・キャリーの三人の子供(黒人という設定)が、ジム・キャリーの血が入ってなくてやたら優秀で、最後まで活躍するのが面白かった。

全体的にはちゃめちゃだが、そこそこ楽しめたのである。
ジム・キャリーの顔芸は少しくどいかなあ。

関連記事

アダプテーション 「アダプテーション」を観た。 たぶん前に観たことあるんだが…さっぱり覚えてない。「マルコヴィッチの穴」のコンビが再び、ということらしい。俺...
真実の瞬間 「真実の瞬間」を観た。 しんじつのとき、と読む。 観たのは二回目かなあ。むかーし、ロバート・デ・ニーロのをひととおり観たときにざっと観た。そんな...
カポーティ 「カポーティ」を観た。 カポーティの話。 うーん…興味わかねえ…   フィリップ・シーモア・ホフマンがアカデミー賞を受賞した。 「セン...
ボーン・アイデンティティー 「ボーン・アイデンティティー」を観た。 久しぶりに観た気がする。 と思って探してみたら、実に4年近く前である。で、観た後の感想も、そのと...
シャーク・テイル 「シャーク・テイル」を観た。 初めて観た。ああ、こういう話だったのですか。なんかシャーク・テイルっていうから、心の優しいサメが主人公で、そ...
ナンバー23 「ナンバー23」を観た。 ジム・キャリー主演、この世のすべてが23になるというミステリーというかホラーというか。 そもそもジム・キャリーはコ...