あの空の下で

あの空の下で

吉田修一「あの空の下で」を読んだ。

超短編集+エッセイ。
確かに吉田修一ならではの物語だけど、あまりに超短編なので満腹にならん。

読んでて、これって旅に関するのが多いなあと思った。それで、ああこれは航空会社が絡んでるんじゃないのか?と勘ぐった。
調べてみると果たしてそうで、ANAの機内誌「翼の王国」というものに連載したものを単行本化したのだという。

そうなんだ。
つうか吉田修一の発表ペースってすごいな。ここ数年の発表数ってどれくらいだろう。
しかもこういう企画ものもこなしているのな。

 
そろそろ短編とか中篇とかじゃない、重いものを読んでみたい。

関連記事

ひなた 吉田修一「ひなた」を読んだ。 何人かの男女の、春夏秋冬の物語。 面白くなりそうなもんだが…(伊坂幸太郎「砂漠」は面白かったなあ) 普通…か...
悪人 吉田修一「悪人」を読んだ。 出会い系サイトで知り合った女性を殺害した男が、これまた別の女性と逃避行して。その女性にとって、犯人の男は「悪人」だろう...
キャンセルされた街の案内 吉田修一「キャンセルされた街の案内」を読んだ。 不思議な作品だった。 短編集なんだけどとりとめもなく、アウトテイク集のような…なんか意味深いよう...
2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...
パレード 吉田修一「パレード」を読んだ。 面白かった。 ちょっと非現実的な設定だけど、いかにもそれっぽく話が進んで、それが心地よいというか興味深く楽しめた...
2007年上半期に読んだ本 忘れてたが、2007年1月?6月に読んだ小説。   吉田修一「悪人」 吉田修一「女たちは二度遊ぶ」 吉田修一「ランドマーク」 奥田英朗「家日和...