ハッピーエンドが書けるまで

ハッピーエンドが書けるまで

「ハッピーエンドが書けるまで」を観た。

Stuck in Love

主演はグレッグ・キニアとリリー・コリンズだろうか。
グレッグ・キニアが安定した生活が出来ている作家。その娘がリリー・コリンズで今度出版することになった。グレッグ・キニアの元妻がジェニファー・コネリーで、グレッグ・キニアはまだ未練がある。リリー・コリンズの弟も他人の恋人のリアナ・リベラトが気になってる。

基本的に父・娘・息子の三者三様の恋愛模様である。
よくある家族の繋がりが浮かび上がるドラマであるが、けっこう手堅い演出だった。佳作だった。
最後ジェニファー・コネリーが揃うところもいい感じだったし、スティーブン・キングが電話してくるとか驚きだったし。

しかしグレッグ・キニアのところへ時々やってくるクリスティン・ベルは、いいのかあれはという役どころでした。

これ結構昔の映画か?2012年の作品なんですね。
しかしグレッグ・キニア出演作の当たり率はけっこう高いもんだ。ジェニファー・コネリーはもっと頑張ってもらいたい。

関連記事

マイ・ブラザー 哀しみの銃弾 「マイブラザー 哀しみの銃弾」を観た。 クライヴ・オーウェン主演。実質もう一人の主演がビリー・クラダップ。他にマリオン・コティヤール、ミラ...
マリオネット・ゲーム 「マリオネット・ゲーム」を観た。 前にも一度観たことある。どんでん返し系サスペンス。 ピアース・ブロスナン、ジェラルド・バトラー、マリア...
プロフェシー 「プロフェシー」を観た。 うーん、正直言えば面白かった。なんか世の中の評価は悪いみたいですが、俺はかなり楽しめた。 しょっぱなから映像と音と...
12人の怒れる男 「12人の怒れる男」を観た。 あの有名な作品の再びの映像化である。今度はロシアを舞台にしており、ロシアならではの世情を反映したものとなって...
ダウト あるカトリック学校で 「ダウト あるカトリック学校で」を観た。 いや面白かった。 これは観たほうがいい。出てる人みんな達者。 もとは舞台劇のようです。 疑惑が...
セッションズ 「セッションズ」を観た。 「ウィンターズ・ボーン」でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、「マーサ、あるいはマーシー・メイ」で強烈なカルト...