放浪探偵と七つの殺人

放浪探偵と七つの殺人

歌野晶午「放浪探偵と七つの殺人」を読んだ。

これ読んだことなかったかも。歌野晶午作品にときどき出てくる、信濃譲二が活躍する短編集。
ほとんどの作品を読んだうえでの私見だけどあまり信濃譲二ってキャラクターたってないように思う。

この短編集を読むにあたり、「おお、信濃譲二ものかあ」とは、ワクワクしなかった。
読んでみても然り。

内容としては、以前の作風でありいわゆる本格ものだが、いまさら本格ものというのもある。不可能犯罪とかトリックとかアリバイとか。

 
リアルタイムで読んだら、それなりに面白かったに違いない。

 

関連記事

密室殺人ゲーム2.0 歌野晶午「密室殺人ゲーム2.0」を読んだ。 これは「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編である。この「飛車取り」のほうは、なんというタイトルだと思っ...
そして名探偵は生まれた 歌野晶午「そして名探偵は生まれた」を読んだ。 短編が3つ。 「そして名探偵は生まれた」は書き下ろし。初めて読んだ。「生存者、一名」「館という名の...
正月十一日、鏡殺し 歌野晶午「正月十一日、鏡殺し」を読んだ。 どうなんでしょ。微妙だ。 短編集である。なんか浅い感じの内容だった。 この作家でなくて無名のだっ...
女王様と私 歌野晶午「女王様と私」を読んだ。 好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども) 全体的な大...
密室殺人ゲーム王手飛車取り 歌野晶午「密室殺人ゲーム王手飛車取り」を読んだ。 なんというタイトル…歌野晶午は売れる気ないんか? 待望の新刊である。なにかしら期待を裏切ってく...
ジェシカが駆け抜けた七年間について... 歌野晶午「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 一気に読んでしまった。ということは、面白かったのだろう。 最後のほうまでどのように転が...