ワン・デイ 23年のラブストーリー

「ワン・デイ 23年のラブストーリー」を観た。

アン・ハサウェイとJim Sturgessが主役。ほぼこの二人がずっと出てる。
物語は1988年の7月15日から始まり、毎年7月15日の模様を切り取っていく。それが23年に渡って繰り広げられる物語。友達関係からはじまる二人が、それぞれ色々な環境の変化にさらされていく。友達だと思っていたが、やがては…というような話だ。

1988年から始まり現在まで、みたいな感じなので、ほぼ平成が丸ごと入っているような感じだ。最初に20歳くらいだった二人が…ということで、そこは色々ある。
しかし最初の出会いからして、アン・ハサウェイに手をつけず添い寝するというのは、かなりあり得ない設定である。どういう忍耐力なんだと思う。

20余年にわたって7月15日だけを切り取るので、それぞれは数分で物語が進んでいく。テンポも悪くない。
ただ軽いラブコメなのかと思っていたが、思いのほか最後のほうなんか感動的ですらあって、良い作品でした。

エンドクレジットではエルヴィス・コステロ。聴いてすぐにわかる特徴のある声だ。これは新曲なんだろうか?
お薦め。

 
ワン・デイ 23年のラブストーリー [DVD]

ワン・デイ  23年のラブストーリー [DVD]
ミッドナイト・イン・パリ [DVD] ハンガー・ゲーム [DVD] ガール DVD カジュアルスタイル (通常版) 私が、生きる肌 [DVD] デンジャラス・ラン [DVD]
by G-Tools