永遠の出口

森絵都「永遠の出口」を読んだ。

微妙だった…面白いといえば面白いが、そんな爽やかな読後感というのもなく。
なんか作者の追体験みたいだ。エッセイをそのまま小説に焼きなおしたようだ。

もっと若いときに読めば違ったのかも。
俺もいい歳なのだ。

エンターテインメントじゃないからかなあ。コメントが難しいぞ。
教科書とかに出てきそうで、優等生ぽいところが好きになれない。

いや、面白いといえば面白いんだけどね…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です