オール・ユー・ニード・イズ・キル

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を観た。

Edge of Tomorrow

トム・クルーズ主演。あとエミリー・ブラント。それとビル・パクストンとか。
いや面白かったんじゃないでしょうか。エミリー・ブラント少しずつキャリアを積み重ねてきてついにここまで、というハリウッド大作である。「プラダを着た悪魔」の受付がとうとうトム・クルーズ主演作のヒロインである。

なんか宣伝か何かで予備知識として「風来のシレン」よろしく、ローグライク系の話とは思っていた。てっきり、そういう訓練の話なのかと思っていた。実際に強くなるための訓練で、効率よくやるための手法がテーマになってるのだと思った。

違うのですね。実戦を本当に繰り返すのですね。しかもその仕組みはがっちりSFで。
序盤から「ああ、もう理詰めではないのだね」と理解し、逆に作品を楽しめた。トム・クルーズはたいしたものだ。いったいどれだけの長い間を一線でいるのだろうか。

話のほうは、最後でトム・クルーズがパワーを失って決死の覚悟で世界を救うに至るところは美しかったですね。最初はあんなに嫌がっていたのに。
その世界を救った最後にまだ戻ってきたところは解釈がわかれるところなのでしょう。本当に戻ったというよりは死の直前の走馬灯かなと感じました。

 
オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]
X-MEN:フューチャー&パスト 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray] 300 <スリーハンドレッド/> ~帝国の進撃~ ブルーレイ &DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]” /></a> <a href=ニード・フォー・スピード ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] ダイバージェント [Blu-ray] オブリビオン [Blu-ray]
by G-Tools