プラスティック

プラスティック

「プラスティック」を観た。

Plastic

題名のプラスティックとは、クレジットカード、クレジットカード詐欺の隠語となっている。主人公たちがそれなりのスキルを持ったクレジットカード詐欺集団(で学生)なのだが、あるときギャングの大事なものを間違って奪ってしまい、逆に恐喝されて大金を用意しなきゃいけなくなる。クレジットカード詐欺では間に合わないので強盗することにした…という話。実話をもとにしているそうだが。

まあよくあるクライム映画です。題名からクレジットカードというものがキーアイテムかと思いきや、ストーリー上ではそうでもない。間違ってギャングのものを奪ってしまうのも単に強盗だし、最後は詐欺じゃなく強盗するかーとなるし。その舞台となるマイアミに向かうときはリゾート気分だし。
どこか垢ぬけたように見せたい、という下心が見え隠れする映画なのです。一般的なクライム映画の仲間入りしたいんです的な。

出演者たちは有名なのかわからないがあまり見たことない人ばかり。紅一点の女性(Emma Rigby これまたキーパーソンかと思いきや押しに弱い適当キャラだった)は、顔が四角いので角度によって印象が変わりすぎだ。いいのかあれは。

もうちょい何とか頑張ってほしかった。

関連記事

クライシス・デイ 「クライシス・デイ」を観た。 もう何も言うまいのトム・サイズモア印の作品です。 いったい全体なぜトム・サイズモアの出演作を追いかけて...
デッドハング 「デッドハング」を観た。 もうジャケットに騙されたという感想でしかないな。 サラ・バトラーという人が主演。高層ビルで殺し屋に狙われてエレ...
チェルシーホテル 「チェルシーホテル」を観た。 イーサン・ホーク監督。ユマ・サーマン、ロザリオ・ドーソン、フランク・ホエーリーなどが出演。 伝説のChel...
デスリング 「デスリング」を観た。 うわー。 これは駄目でしたよ。 これは…観ないほうがいいと思います。 ある女性が山荘にやってきて、怪しいトム...
バージニア・ウルフなんかこわくない... 「バージニア・ウルフなんかこわくない」を観た。 なんだこの題名は。原題は「Who's Afraid of Virginia Woolf」で...
異人たちの館 折原一「異人たちの館」を読んだ。 凝りに凝ったトリックを仕掛ける作者らしい…という評判を読んで、はじめて挑んでみた。 確かに凝りに凝っていた。 ...