私の男

私の男

桜庭一樹「私の男」を読んだ。

直木賞受賞作。題材が近親相姦で話題になった。
読みましたよ。電車の中でこいつを広げるのは少しためらうものがあったよ。

 
面白かったとはいえない。あまり良くなかった。
「赤朽葉家の伝説」の面白さと対極にあるなと感じた。テンポが。とにかく。

親子の近親相姦で、時代を遡っていく構成。
長い物語なんだが、実際の文量としては少ない。

この、ボリュームが抑えられてるところで、読者としては想像するしかない部分がかなりあり、そのわりには描写はくどく、冗長な風景描写とかしつこく続く。場面をちょっと切り取ったら時代がどーんと遡るので、テンポが悪く感じられた。とりあえず楽しくは読めない。

題材が悪いとは思わない。
でもなあ。近親相姦に至る理由の根っこのところが、「愛し合ってるから」というのがなあ…それじゃあまりにもつまんないですよ。延々と、愛し合ってるからって近親相姦を全編…しかもテンポ悪いから伝わってこないし。

 
なんか、賞を狙いに行った感じがする。
あえてこんな題材で、と。

 
ちょっといまいちかなあ。

 

関連記事

青年のための読書クラブ 桜庭一樹「青年のための読書クラブ」を読んだ。 女子学園の秘められた100年史。連作短編のような。 物語間にゆるーい繋がりあり。ミステリーってほど...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
ブルースカイ 桜庭一樹「ブルースカイ」を読んだ。 なんかライトノベルだった。 読んでて甘酸っぱい気分になった。「うわー俺こんなの電車で読んでやばくないだろうか...
ファミリー・ポートレイト 桜庭一樹「ファミリー・ポートレイト」を読んだ。 長かった。 「私の男」と似てなくもない。 ある女性の、5歳から34歳までの激動すぎる人生物語が...
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」を読んだ。 面白かった。 いやこれは非常に面白い本だった。久しぶりに「ああ読み終わるのがもったいない」と焦れながら読み...