アーティスト

「アーティスト」を観た。

アカデミー賞受賞の有名作。サイレントからトーキーへ移り変わる頃の物語。
あえて(ほぼ)全編をサイレント風味でお送りし、画角もテレビサイズで。もちろんモノクロ。主演の方々は…ちょっとわからない。脇にジョン・グッドマン、ジェームズ・クロムウェル、ペネロープ・アン・ミラーなどがいる。

トーキー時代がやってきたときに、それを拒否して乗ることが出来なかった男。そのトーキーをチャンスとして成り上がっていく女。
ドラマの中ではいまいちはっきりしないけど、その男と女の間にどんだけ強い絆ぽいものがあったのか。その絆というか恋というものがあって、最後まで話が繋がると思うんだけど、そこの演出が薄いと思った。
また、成り上がっていく女優がどうして成り上がっていけるのかのプロセスも良くわからず。天性の女優という感じでもないし。大衆がサイレントよりもトーキーを選んだような、はっきりした事実があってそこに翻弄されたのをちゃんと描いてくれると良かった。

あと、どうしても映画的な要素といいますか、この映画はサイレントでお送りしていますよというお約束ながら、途中で音が出るシーンがありますね。夢落ちでしたが。あれがハッとするのは何でなのというのは、この映画のお約束の欠点になってると思うのだ。ああいう演出がやっぱり必要になるのかと。

これフランス映画なんだよなあ…それでアカデミー賞受賞か。舞台は1920年代のハリウッド。
サイレントで消えていくということで、早川雪舟を思い出すわけである。
面白かったのかもしれないけど、なんかスッキリしない映画だった。微妙すぎる点が多くて。観てハッピーになるとかそういうことはなかった。

 
2011年(第84回)アカデミー賞
作品賞受賞
主演男優賞受賞(ジャン・デュジャルダン)
助演女優賞ノミネート(ベレニス・ベジョ)
監督賞受賞(ミシェル・アザナヴィシウス)
脚本賞ノミネート

 
アーティスト コレクターズ・エディション [DVD]

アーティスト コレクターズ・エディション [DVD]
ミッドナイト・イン・パリ [DVD] 裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD] ファミリー・ツリー [DVD] マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 コレクターズ・エディション [DVD] 少年と自転車 [DVD]
by G-Tools