パソコンをつけてないと観られない、というのはありえない

(昨日の続き:バッファロー製で問題ないのだろうか・・・)

実はネットワークメディアプレーヤーとLANハードディスクを導入するにあたって、色々と調べていた。

我が家としての要件は、
・パソコンをつけてないと観られない、というのはありえない
・なるべく多ファイル形式対応でないとな

であった。
パソコンをつけてないと観られない、というのは、そもそもネットワークメディアプレーヤーの役割からしてしょうがないのだが、パソコンに保存してあるムービーやらをテレビ画面でお気軽に観ることができるんですよ旦那、という性質の製品なのだ。

そういうときに、これまではDVDに焼いてたでしょう。でもそれじゃあメディア代がもったいないってもんだ。LANで結んじまうことだよ。そうすりゃ、パパパッと事が進んでイライラなしだよお。

そういう感じだ。

でもね、我が家としてはそれでは困る。
だからLANハードディスクを導入して、そこにムービーは全部突っ込んでテレビで鑑賞すると。そういう狙いだ。

さて調べてみると、どうやらネットワークメディアプレーヤーとLANハードディスクは、自由に選べるというわけでもなかった。
LANハードディスクは色々とあるが、ネットワークメディアプレーヤーが主に二種類で、それぞれ対応している自社製ハードディスクでないと駄目なのだ。

IOデータの「Avel Link Player」とバッファローの「Link Theater」の二種類。
本当は、「Avel Link Player」でいいかなあと思っていた。なんでかって、対応ファイル形式が多いみたいだったから。つうかネットで評判がいいなあと思ったからもある。

でもギリギリのところで考えを変えた。どうやら「Avel?」のほうは、2GBを超えるファイルを再生できないとか書いてるではないか。

それでは、新PCでMTV-1000で録画したものを再生できないんではないか。

これじゃ駄目だ。ということで「Link Theater」しかない、となった。対応するLANハードディスクはギガビット対応を選んだ。

今回は100Mbpsを落としどころとしたが、やはりギガビットLANにしたくなるに違いない。いずれ。

 
さて、そいつらをスパッと購入し、いそいそと帰宅。
さあさあ繋いでみようじゃないか。

(つづく)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です