99%の誘拐

99%の誘拐

岡嶋二人「99%の誘拐」を読んだ。

この作者のは初めて。(実際には二人いて合作ペンネームのスタイル。もうとっくにコンビ解消してる)
面白いらしいんだけど、なかなか食指が動かなかった。

いえいえ読書は貪欲にいくのです。
何から読んでいいのかわからんので、題名に惹かれたこれを。

 
そのまんま、誘拐ものだ。
この作品が描かれたのは結構前だろうが、当時としてもかなりのハイテクを駆使して誘拐劇が行われる。
映像化に向いてそうだなあこれ。

わりと、最後までどうなるどうなるで読み進められた。楽しめた。
最後がちょっと…という気がしないでもない。どうしても時代というか、トリック重視だったりしてなんかドラマ性がない。
でも良かったけどね。

 
もうちょい読んでみたいと思った。

 

関連記事

クラインの壷 岡嶋二人「クラインの壷」を読んだ。 氏の評価が高いものを読んでいる。よりぬき。 「そして扉は閉ざされた」は面白かった。「99%の誘拐」は、まあま...
そして扉が閉ざされた 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」を読んだ。 なかなか面白かった。 男女4人がシェルターに閉じ込められる。その原因が、ある女性の自殺に関係してるの...