ドラキュラ

ドラキュラ

「ドラキュラ」を観た。

Dracula

たぶん今まで観たことないと思うんだよなあ。
ゲイリー・オールドマンの脂がのってたときですよね。ウィノナ・ライダーやキアヌ・リーブスのキャスティングも当時は旬だったような…

題材が題材なだけに、敬遠していた。たぶん初めて観たと思う。
感想…まあ、コッポラ繋がりでいけば、「フランケンシュタイン」と似たようなもんだと思った。

大河ドラマってやつだな。
もったいぶった演技と音楽。雷鳴どーん。恐怖顔。愛する者を失った悲痛。とか。
それでいて、どうも原作に忠実にあれ的な、消化するイベントが立て続けなせわしない感じ。観てて伝わってこない時代背景とか。

あんまり面白みという点ではなあ…という感じでしょうか。
映画史的なイベント感が強いのだと思う。ここに出とけというような。

ウィノナ・ライダーは尻軽な感じでした。
わりと添え物。