春、バーニーズで

春、バーニーズで

吉田修一「春、バーニーズで」を読んだ。

連作短編集。と、もう一つ超短編をくっつけた本。薄い本。
夫婦となり父親となった主人公の、心の揺らぐ風景といいますか。

まあとにかく薄くって、これで一冊の本ってどうなのと思うくらいの量。
どれくらいで読んだかなあ。一時間くらいで読んでしまったのではないか。

悪くはないんだけど、短編なので吉田修一にしてはちょっと、という感じ。
なのでもったいない気分になった。

吉田修一はクオリティ高いのは確かです。

関連記事

パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
ひなた 吉田修一「ひなた」を読んだ。 何人かの男女の、春夏秋冬の物語。 面白くなりそうなもんだが…(伊坂幸太郎「砂漠」は面白かったなあ) 普通…か...
東京湾景 吉田修一「東京湾景」を読んだ。 なんかドラマっぽい展開だなあ。ドラマになりやすそうだなあ、と思いながら読み終えた。 あ、ドラマになってるんですか...
悪人 吉田修一「悪人」を読んだ。 出会い系サイトで知り合った女性を殺害した男が、これまた別の女性と逃避行して。その女性にとって、犯人の男は「悪人」だろう...
2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる... 2006年下半期の読んだ本と、2006年全体のベストをやってみる。 上半期もやったし。 前回と同様に、対象となるのは「7月から12月でこのページに書...
さよなら渓谷 吉田修一「さよなら渓谷」を読んだ。 なかなか面白かった。 この作者にしては珍しく、文学っぽくなかった。どちらかというと普通の小説っぽかった。 ...