東京島

東京島

桐野夏生「東京島」を読んだ。

桐野夏生が「LOST」を作ったらこうなるっていう。
そんな世界観がばっちりです。暴力・SEX・コミュニティ・アイデンティティ・外国人。

なぜか無人島に流れ着いて、その後集団生活となる日本人たちで、その中で40代後半の女性が一人だけ。
もう最低そうな展開が待ち受けている予感。果たしてその通りであります。

木村多江で映画化されるってんだから、ちょっと大丈夫だろうか。
まあそのまま映像化は無理でしょうがね。

よくも悪くも桐野夏生ワールドだ。キワモノゆえの作者のエゴを感じないでもないが、それでも文体は軽妙な割りに内容は重いのだから、こんなむちゃくちゃな話もたまには読まないと。

関連記事

メタボラ 桐野夏生「メタボラ」を読んだ。 いや面白かった。 最後のほう、あれ?って感じにもなったけど、それでも全編夢中になって読んだ。 沖縄で記憶喪...
残虐記 桐野夏生「残虐記」を読んだ。 文庫版で読んだが、実に薄い本でして、タイトルはドーンとしていて、何から何まで想像つかなかったが。 中身は濃かった。...
顔に降りかかる雨 桐野夏生「顔に降りかかる雨」を読んだ。 乱歩賞受賞作。 ということで、かなり初期のものだろう。 なんといいますか、実に乱歩賞なのです。これ...
I’m sorry, mama 桐野夏生「I'm sorry, mama」を読んだ。 なかなか面白かった。 最後のほうめちゃくちゃだったけど。 置屋に生まれて、誰が親だか...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...
錆びる心 桐野夏生「錆びる心」を読んだ。 短編集。そんなまとまりは無い。 桐野夏生ってそんな読んでるわけじゃないし、めちゃくちゃ好きってわけでもないかな。...