愚行録

愚行録

貫井徳郎「愚行録」を読んだ。

子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。
嫌いじゃない。

 
しっかり伏線が張られており、それに気づかなかったので最後のほう、あーそういうことだったのかーと読み返したり。
それにしても、もし現実だったとしたらこんなひどい事件は無いわけで、ちょっと爽快感は無かった。

この作者のは久しぶりに読んだけれども、いつもこうじゃないか?
凝った構成+重いモチーフ。

どれもそんなハズレ無しだからたいしたもんだが、読み始めるまでが面倒だというのが本音。
読み出したらとまらないんですが。

 
面白かったです。

関連記事

初恋温泉 吉田修一「初恋温泉」を読んだ。 この作者の本には基本的に外れが少ないと思う。 これもさらっと読める軽いものだったけど、良い作品でした。 い...
謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA... 「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA」を読んだ。 向井万起男という人の本だ。宇宙飛行士である向井千秋の旦那。 どこかの書評で好評だ...
最悪 奥田英朗「最悪」を読んだ。 力作だと思った。すげー面白い、というほどではないけど続きが気になってどんどん読んでしまった。時間が許せばワン・シッティ...
オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」を読んだ。 不思議な話だったなあ。面白かった。 わりと大仕掛けはなく、不思議な話が不思議に終わった。 他の...
プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
2008年下半期に読んだ本と、2008年のベスト... 2008年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 石持浅海「ガーディアン...