愚行録

愚行録

貫井徳郎「愚行録」を読んだ。

子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。
嫌いじゃない。

 
しっかり伏線が張られており、それに気づかなかったので最後のほう、あーそういうことだったのかーと読み返したり。
それにしても、もし現実だったとしたらこんなひどい事件は無いわけで、ちょっと爽快感は無かった。

この作者のは久しぶりに読んだけれども、いつもこうじゃないか?
凝った構成+重いモチーフ。

どれもそんなハズレ無しだからたいしたもんだが、読み始めるまでが面倒だというのが本音。
読み出したらとまらないんですが。

 
面白かったです。

関連記事

ガラスの城 松本清張「ガラスの城」を読んだ。 これは結構面白かった。 話は二部からなっている。 最初は「三上田鶴子の手記」、次に「的場郁子のノート」という...
冷蔵庫より愛をこめて 阿刀田高「冷蔵庫より愛をこめて」を読んだ。 久しぶりに読んだ。阿刀田高の初期短編集だ。 これは世の中の評価はそれなりに高く、俺も初めて読んだとき...
ラッシュライフ 伊坂幸太郎「ラッシュライフ」を読んだ。 いやー。 面白かったねえ。とても面白かった。 何も言うことはないよ。ぜひ誰もが読むべきだよこれ...
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んだ。 タイトルに惹かれて買ったのだが内容も良かった。面白く読めた。 ...
容疑者Xの献身 「容疑者Xの献身」を観た。 邦画を観るのって何年ぶりなんだろう。 この前、テレビでこの作品を上映していて、ついついちょいちょい見てしまい...
2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト... 2007年下半期に読んだ本と、2007年全体のベスト。 あまり本を読めなかった。なぜだろう… 図書館で予約待ちになってる待機時間が多かった。その間は雑誌...