愚行録

愚行録

貫井徳郎「愚行録」を読んだ。

子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。
嫌いじゃない。

 
しっかり伏線が張られており、それに気づかなかったので最後のほう、あーそういうことだったのかーと読み返したり。
それにしても、もし現実だったとしたらこんなひどい事件は無いわけで、ちょっと爽快感は無かった。

この作者のは久しぶりに読んだけれども、いつもこうじゃないか?
凝った構成+重いモチーフ。

どれもそんなハズレ無しだからたいしたもんだが、読み始めるまでが面倒だというのが本音。
読み出したらとまらないんですが。

 
面白かったです。

関連記事

松本清張全集15 松本清張全集15「けものみち」を読んだ。 面白かった。すごいボリュームでした。 ドラマは見てないけど、嫁に聞いた感じではちょくちょく脚色されてい...
阿修羅ガール 舞城王太郎「阿修羅ガール」を読んだ。 俺は面白かったのです。(会社でそれを言うと、これのどこが面白いのか?と感性を疑われたのだが) うーん面白か...
女王様と私 歌野晶午「女王様と私」を読んだ。 好き嫌いがはっきりわかれそう。俺は面白く読めました。(ちょっとだるいところはあったけども) 全体的な大...
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉「さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学」を読んだ。 タイトルに惹かれて買ったのだが内容も良かった。面白く読めた。 ...
明日の記憶 荻原浩「明日の記憶」を読んだ。 若年性アルツハイマーと闘う家族の物語。 追体験っていうんでしょうか、読んでてちょっと苦しくなる。自分にこんなこと...
ガラスの城 松本清張「ガラスの城」を読んだ。 これは結構面白かった。 話は二部からなっている。 最初は「三上田鶴子の手記」、次に「的場郁子のノート」という...