12人の怒れる男

12人の怒れる男

「12人の怒れる男」を観た。

12

あの有名な作品の再びの映像化である。今度はロシアを舞台にしており、ロシアならではの世情を反映したものとなっている。
本作では陪審員長は1号ではなく2号となっており、それを演じる人が監督している。

作品は原作に忠実である。全員有罪であっさり終わりかと思いきや、一人だけ「ちゃんと議論しましょう」と無罪にあげ、議論がなじまる。
しかしこれで160分たっぷりに行くのはホントに長い。原作を知らないで観たら、どのバージョン(原作、リメイク)でも面白さに変わりはないと思います。あとは俳優陣を楽しむ感じなのでしょうか。

思えば「12人の優しい日本人」はそういうリメイクものの中で優れた作品だなあと思う。いったんひっくり返して、さらにひっくり返すからなあ。

これも面白いですが。でもなんでロシアなんだろう。

 
12人の怒れる男 [DVD]

12人の怒れる男 [DVD]
12人の怒れる男/評決の行方 [DVD] 十二人の怒れる男 [DVD] 12人の優しい日本人【HDリマスター版】 [DVD] 太陽に灼かれて [DVD] 十二人の怒れる男 [Blu-ray]
by G-Tools

関連記事

ファイト・クラブ 「ファイト・クラブ」を観た。 以前に観たときってのは、かなり前である(実に10年前というのが驚きだ。このエントリのために、前に観たときの記録を復活...
プリデスティネーション 「プリデスティネーション」を観た。 面白かった。 やはりタイムトラベルものには甘い俺。 時空警察のイーサン・ホークは爆弾魔を追って...
デジャヴ After a ferry is bombed in New Orleans, an A.T.F. agent joins a unique inves...
ヴェラ・ドレイク 「ヴェラ・ドレイク」を観た。 面白かった。というか見ごたえあった。 マイク・リー監督作だ。「ハッピー・ゴー・ラッキー」「家族の庭」につい...
サイレントヒル 「サイレントヒル」を観た。 以前にも観てますが、再び。 Tomb Raider Anniversaryをクリアしたとき、次はPS2のサイレンとか...
ボヴァリー夫人とパン屋 「ボヴァリー夫人とパン屋」を観た。 ジェマ・アータートン主演のドラマ+コメディ+やや官能。 どちらかというとジェマ・アータートンは出演作...