そして二人だけになった

そして二人だけになった

森博嗣「そして二人だけになった」を読んだ。

実は森博嗣ってはじめて。よく本屋で平積みになってるが、読んだことはなかった。
何事も勉強である。

「そして二人だけになった」が代表作なのかわからないんだけど、とりあえず読んでみた。
題名からして、アガサ・クリスティのあれに重ねられるんだろう。果たしてその通りで、いわゆる不可能犯罪・犯人探し。

読んで思ったけど、極めて現実性は低いですよ。リアリティはない。
トリック遊びというか、下手をすれば暇つぶし本になってしまうかも。

大仕掛けあり。
あーそういうことか、とはなった。けどスッキリはしなかった。

読んでる途中は、どうなるんだろうと気になって読み続けた。しかし…
どうなんでしょう。わりと楽しめたけど、もう一作くらい読まないと評価できない気がする。

 

関連記事

やさしい嘘と贈り物 「やさしい嘘と贈り物」を観た。 なんか若い人が監督で、マーティン・ランドーがこの作品に惚れ込んで自らプロデュースを買って出た、というような...
ジェシカが駆け抜けた七年間について... 歌野晶午「ジェシカが駆け抜けた七年間について」を読んだ。 一気に読んでしまった。ということは、面白かったのだろう。 最後のほうまでどのように転が...
容疑者Xの献身 東野圭吾「容疑者Xの献身」を読んだ。 直木賞受賞作。そうすねえ、ここ最近のではかなり良いほうじゃないでしょうか。 面白かった。 叙述であり...
ワイルドシングス 「ワイルドシングス」を観た。 一度観たことあったような。確かエロサスペンスだったはずだ。 デニス・リチャーズとネーブ・キャンベル。どこへ行ったん...
R.P.G. 宮部みゆき「R.P.G.」を読んだ。 綺麗な装丁である。題名で間口を狭めているような気がする。ちなみに題名には「ロール・プレーイング・ゲーム」とル...
パーフェクト・メモリー 「パーフェクト・メモリー」を観た。 ウェス・ベントリー主演。共演はケイト・ボスワース。美女が謎の美女を演じるというやつだ。2015年の作品...