「ビフォア・ザ・レイン」を観た。

マケドニアの映画らしい…マケドニアってどこだ?
知る人ぞ知る名作ということです。俺は知らなかった。アカデミー外国映画部門でもノミネート。ほかの受賞歴多数。

マケドニアとロンドンを舞台にした映画で、3つのパートからなる。その構成が少し凝っているというかややこしい。
1つめの話で、マケドニアの修道院にアルバニア人の女性が逃げ込んでくる。マケドニア人とアルバニア人は対立している。修道院の僧は女性を連れて逃げ出すが、つかまって女性は殺される。
2つめの話で、上記の銃殺事件を撮影した写真を見てるロンドンの雑誌社の女性。その写真を撮ったマケドニア人の写真家に惹かれている。
3つめの話で、その写真家のマケドニア人は故郷に帰ったところ、やっぱりアルバニア人との対立に巻き込まれる。とあるアルバニア人女性を逃がしてあげて、そのかわりに自身が撃たれて死んでしまう。

3つめの話で逃がしてもらった女性は修道院に逃げ込んでおしまい。
ということで、観てて「あれ、じゃあこの女性がこの後殺された写真を撮ってるのは誰なんだよ?」と混乱する。

混乱させるが、答えは提示されない。そういう映画。
つまりはそれがメビウスの輪ということなんだろうけど、これはすっきりしない。すっきりしないけど、味わいのある映画、ということなんだろう。
しかしマケドニアって…どこなんだ?

 
ビフォア・ザ・レイン [DVD]

ビフォア・ザ・レイン [DVD]
バベットの晩餐会 HDニューマスター  [DVD] 木洩れ日の家で [DVD] BIUTIFUL ビューティフル [DVD] エッセンシャル・キリング [DVD] イゴールの約束 [DVD]
by G-Tools