バイオハザードII アポカリプス

バイオハザードII アポカリプス

「バイオハザードII アポカリプス」を観た。

Resident Evil Apocalypse

もうこのアポカリプスを観るときは、ジル・バレンタイン役の人にしか興味がないわけなんだが、それにしてもミラ・ジョヴォヴィッチは超人化していくね。

前作の最後で、いったいどうして街が壊滅してるんですか?という後付になるのが今作のオープニングである。まあ蔓延を止めることはできないのだ。

ミラ・ジョヴォヴィッチはマーシャルアーツばしばしで闘う人になってて、追いかけてくる化け物とたびたび闘う。そう、この化け物はゲームの3で出てきたんだが、当時はプレイしててスリリングだったなあ。マップ切り替わっても追いかけてくるんだものなあ。最後はとんでもなく巨大な化け物になったのと闘ったのだっけ。

その化け物の設定といい、前作と綺麗に繋げてる点はもっと評価されていいのかもしれない。わりとまともな続編。でもアクションに頼りすぎてしまった。あとジル・バレンタイン役の人をもっと使わないと駄目だ。