東京下町殺人暮色

東京下町殺人暮色

宮部みゆき「東京下町殺人暮色」を読んだ。

なんだこのタイトル…
さてこれは新幹線の中であっという間に読み終わってしまった暇つぶし本なんですが、とにかく普通だった。

下町に似つかわしくない、バラバラ死体・猟奇殺人事件。それを解決する親子。意外な犯人。
もうね、火サスクオリティだ。

どこが悪いってわけじゃない。悪いとは言えないと思う。これが駄目だったらどうするんだよってのもある。
でも面白くないなあ。普通すぎる。

 
ほんとに、暇つぶし本という位置だ。
買ってまで読むものではないだろう。

 

関連記事

闇に香るもの 北方謙三選「闇に香るもの」を読んだ。 今となっては随分と前、アパート探しに不動産屋をまわっていたとき、移動時間に何か読むもの・・・と、本屋で適当に...
R.P.G. 宮部みゆき「R.P.G.」を読んだ。 綺麗な装丁である。題名で間口を狭めているような気がする。ちなみに題名には「ロール・プレーイング・ゲーム」とル...
人質カノン 宮部みゆき「人質カノン」を読んだ。 なんか期待させるタイトルだが、読み終わるとまったく期待はずれだったことにがっくりする。 宮部みゆきといえば「...
名もなき毒 宮部みゆき「名もなき毒」を読んだ。   図書館でかなり予約待ちとなっていた。 ずいぶん待たされたなあ。   最初のあたりを読んで、「な...
誰か 宮部みゆき「誰か」を読んだ。 前半は面白かった。後半は・・・ なんか「模倣犯」と同じ感想です。この人はね、導入のぐいぐいとひきつけるパワーってい...
模倣犯 読んだよ、宮部みゆき「模倣犯」。 長かった。とにかく長かった。それしかない。 ひどいくらいに長かったなあ。 なんか水増しの印象が強く、中盤...