帰らない日々

「帰らない日々」を観た。

Reservation Road

ホアキン・フェニックスとマーク・ラファロが実質のダブル主演という作品だろう。共演にジェニファー・コネリー、ミラ・ソルヴィノ、エル・ファニング。

ホアキン・フェニックスの息子が轢き逃げにあう。轢いたのはマーク・ラファロで、恐怖からその場を逃げてしまう。
ホアキン・フェニックスの妻ジェニファー・コネリーは悲嘆にくれるが少しずつ立ち直っていくのに対し、ホアキン・フェニックスは警察の動きがゆっくり過ぎることに不審を抱き、自ら犯人探しを続ける。
マーク・ラファロは弁護士で、轢き逃げの車を隠匿する。怯えながらも日常に戻っていくマーク・ラファロだったが、そこにホアキン・フェニックスが依頼のため現れて…という話。

前にも観てる。

ストーリー自体はわりと普通かもしれない。しかし出演者が一級ぞろいだ。そのせいで半端ないクオリティに引き上げられていると思う。

特にホアキン・フェニックスとマーク・ラファロの二人は非常に達者でして…何でしょうねあのエキセントリックな感じ。いよいよ真相がばれてしまったときの玄関でのマーク・ラファロの覚悟した顔。あれは凄いね。

テーマがテーマだけに何度も楽しめる映画ってわけじゃない。何で2回目を観たんだろうとも思うのだが、名演を観たいがためだったのだろう。