「処刑・ドット・コム」を観た。

まあ何だこれは…という映画だったな。
主演はよくわからない男女。脇役にブラッドレイ・クーパー。

賞金目当てに集まった男女。どこだかわからない山荘にて暮らす。この山荘ではあらゆる場所にカメラが設置してあり、それをネット配信で世界中から見られるという趣向。そういうショー的なもの(プライバシーほとんどなし)に出演する条件で、賞金を得られるという仕組み。その男女の共同生活も終りに近づいていた…というところから始まる。

絵が非常にチープである。基本は、家に設置されたカメラを通した映像という意図であり、ビデオ画質。
それでも演出や編集がちゃんとしてるって前提なのが映画だと思う。ところが、この作品では何から何までチープだった。

途中でブラッドレイ・クーパーは遭難した旅人風で登場し、やることをやって去っていく。その後なにかあるのかと思ったら何もないので驚いた。

まあ疑心暗鬼が募っていき、殺し合いとかになり、いったい真相は…みたいな話なんだけど、もう途中からどうでもよくなってしまったのだった。
ちょっとこれは面白くなかったかなあ。えっこれ2002年の作品なのか!そうなんだ…