殺気!

殺気

雫井脩介「殺気!」を読んだ。

おいおいおいおい。
大丈夫か雫井脩介。なんか少しも面白くなかった。

主人公は女子大生で、子供の頃の体験がもとになって人の殺気を感じることができるんだが、身の回りのできごととその能力がリンクして話が進む…のだが。

これ、なんか大仕掛けあるのかなあと思わされながら、何もなく終わった。
いやーストーリーがちっとも面白くないです。

大丈夫かなあ雫井脩介。
最近の「ビター・ブラッド」「犯罪小説家」に続いてこれか。どれもこれも…昔のクオリティはどこへやら、だ。

どうしようかなあ。次が出ても読むんだろうか。

 

関連記事

デッドリー・ドライヴ 「デッドリー・ドライヴ」を観た。 なんだこれは… というのが最初から最後まで続く感想。 よくわからない男女がドライブしているところから話...
異人たちの館 折原一「異人たちの館」を読んだ。 凝りに凝ったトリックを仕掛ける作者らしい…という評判を読んで、はじめて挑んでみた。 確かに凝りに凝っていた。 ...
マチェーテ・キルズ 「マチェーテ・キルズ」を観た。 「マチェーテ」の続編。 まったくもう、続編なんて作るなよ…というのが正直な気持ち。前作も少しも面白くなか...
デブラ・ウィンガーを探して 「デブラ・ウィンガーを探して」を観た。 なんでこれ観たのかといえば、ダイアン・レインが出ているらしいから。 この作品は昔から知ってはいたが、食わ...
僕の大切な人と、そのクソガキ 「僕の大切な人と、そのクソガキ」を観た。 ジョン・C・ライリーと、マリサ・トメイ。あとCatherine Keenerとか。タイトルにある...
グラン・トリノ 「グラン・トリノ」を観た。 クリント・イーストウッドの最後の主演作かもしれない、という作品。もちろん監督。 各方面から聞こえてくるのは絶賛の嵐で...