殺気

雫井脩介「殺気!」を読んだ。

おいおいおいおい。
大丈夫か雫井脩介。なんか少しも面白くなかった。

主人公は女子大生で、子供の頃の体験がもとになって人の殺気を感じることができるんだが、身の回りのできごととその能力がリンクして話が進む…のだが。

これ、なんか大仕掛けあるのかなあと思わされながら、何もなく終わった。
いやーストーリーがちっとも面白くないです。

大丈夫かなあ雫井脩介。
最近の「ビター・ブラッド」「犯罪小説家」に続いてこれか。どれもこれも…昔のクオリティはどこへやら、だ。

どうしようかなあ。次が出ても読むんだろうか。