耳をふさいで夜を走る

耳をふさいで夜を走る

石持浅海「耳をふさいで夜を走る」を読んだ。

主人公は急遽、知り合いの女性3人を殺害することを余儀なくされて、一晩中奔走する。
という話。

余儀なくされてってところが謎のひとつ。
残念ながら、その謎ってあたりの「覚醒」というキーワードが、いまいちピンとこない。
なんでこんなことになってるかっていう緊迫感が伝わってこなかった。

石持浅海クオリティだが、少し毛色が変わっていたような。
あまり人格者も出てこなかったし。

 
意欲作ではあったと思う。
でも、のめりこみは無かった。

 

関連記事

月の扉 石持浅海「月の扉」を読んだ。 以前に「扉は閉ざされたまま」を読んで、そこそこ面白かったが最後がいまいちで、なんとも評価しにくかったので。 この「...
水の迷宮 石持浅海「水の迷宮」を読んだ。 やっぱり石持浅海だ!という感じのクオリティ。(いまいちだったという…) なんで読むんだろう俺。 暇つぶしを...
君の望む死に方 石持浅海「君の望む死に方」を読んだ。 登場人物から構成、装丁まで「扉は閉ざされたまま」のシリーズ本。 なかなか面白かったとは思う。どう終わらせる...
セリヌンティウスの舟 石持浅海「セリヌンティウスの舟」を読んだ。 やはり石持浅海クオリティ。 考えてみたら多作で同じクオリティを叩き出すんだから、たいしたもんかもしれ...
温かな手 石持浅海「温かな手」を読んだ。 また連作短編。 限定された空間で、限られた情報で、ディスカッションの果てに解決されるってのは相変わらず。 ...
まっすぐ進め 石持浅海「まっすぐ進め」を読んだ。 男女4人。みんな人格者で、議論して、推測からある真実を導き出す。 いつもの石持浅海クオリティだ。もはや定番か...