横道世之介

横道世之介

吉田修一「横道世之介」を読んだ。

これは面白かった。
ぜひ人に薦めたい本。

横道世之介という主人公の19歳の大学一年の一年間を綴った作品だが、実にいい。
軽妙な文体だけど吉田修一ならではの雰囲気たっぷりの描写があって、連作短編っぽい仕上がりになってる。しかも現在とのリンクも絶妙。

読み終わるまで「ああ終わってほしくない」という気持ちが発生したのも久しぶりだ。
そして読み終わると実に爽やかな読後感。

吉田修一は総じてクオリティ高いけど、これは代表作の一つになるんじゃないかな。「パレード」に匹敵すると思った。

読んだことない人は、ぜひ。

関連記事

そして扉が閉ざされた 岡嶋二人「そして扉が閉ざされた」を読んだ。 なかなか面白かった。 男女4人がシェルターに閉じ込められる。その原因が、ある女性の自殺に関係してるの...
パーク・ライフ 吉田修一「パーク・ライフ」を読んだ。 表題作「パーク・ライフ」と「flowers」の二本立て。「パーク・ライフ」で芥川賞受賞。 …そうす...
2009年下半期に読んだ本と、2009年のベスト... 2009年の下半期に読んだ本と、上半期をあわせて一番面白かった本は。 いつも通り、対象となるのは7月-12月に読んだ本で、小説。 吉田修一「横道世之介」...
戦争が終り、世界の終りが始まった フィリップ・K・ディック「戦争が終り、世界の終りが始まった」を読んだ。 これは前に読んだことがある。 数ヶ月前、つくばに行ったときの話のなかで、...
松本清張全集15 松本清張全集15「けものみち」を読んだ。 面白かった。すごいボリュームでした。 ドラマは見てないけど、嫁に聞いた感じではちょくちょく脚色されてい...
虚貌 雫井脩介「虚貌」を読んだ。 バイト先の人に「これは面白い。読み出したら止まらない」と言われ、貸してもらった本だ。俺にとって全く無名の作家というか、...