「メン・イン・ブラック3」を観た。

シリーズ最新作。実に10年ぶりに続編が作られたのだという。
俺は「メン・イン・ブラック」シリーズをどれも観たことなくて、このたび3作続けて観たのであった。

トミー・リー・ジョーンズ、ウィル・スミス、ジョシュ・ブローリン、エマ・トンプソンなど。
3作続けて観ると、トミー・リー・ジョーンズの老けっぷりが凄いことに気付く。今回はタイムトラベルの要素があって、実際にはトミー・リー・ジョーンズは最初と最後に出てくるのみだ。その若い頃として登場するのが、ジョシュ・ブローリン。

このジョシュ・ブローリンが良かった。ウィル・スミスが霞んでるなと思ったくらい。
なんかもうトミー・リー・ジョーンズの若い頃って感じに見えてしょうがないのだ。ああこういう感じだったんだろうなと。

映画のほうはタイムスリップの要素があるので点が甘くなる。アポロロケット打ち上げに絡めたクライマックスのアクションシーンもなかなか。
全体的にシリーズの総括という感じになっている。前2作が、あまり深く考えないですむアクションコメディであったのだが、そこに無理やりドラマ性を投入した感じ。映画としてまともになってるのは確かだけど、前からのファンはどう思ったのだろうか。

エマ・トンプソンは謎だったなあ。なんで出てきたんだろう。
あと、やはりレディー・ガガは宇宙人だったんだな。

 
メン・イン・ブラック3 blu-ray & DVD

メン・イン・ブラック3 blu-ray & DVD
ダークナイト ライジング Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) スノーホワイト Blu-ray & DVD (デジタルコピー付) ダーク・シャドウ Blu-ray & DVDセット(初回限定生産) アメイジング・スパイダーマンTM ブルーレイ&DVD セット [Blu-ray] 【初回限定生産】キラー・エリート ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
by G-Tools