夜想

夜想

貫井徳郎「夜想」を読んだ。

ある宗教団体の成り立ちの過程。(主人公は宗教じゃないと決めているが)
ぐいぐい読ませる。力作だ。力作というよりか、作者の筆力だろうか?

教祖的な存在が、受難にあい、そこから崩壊しそうになっても活動を続けるあたり、なんかキリスト教に投影されているような気がした。
終盤に向けての没入感はかなりのものだった。
しかし話に救いがないというか、せめて主人公たちは幸せになってほしいものだった。

 
不思議な作品。
なかなかのものだった。

 

関連記事

神のふたつの貌 貫井徳郎「神のふたつの貌」を読んだ。 三章構成。大仕掛けが施されている。(でもかなり最初の段階で気づいてしまった) テーマはかなり意欲的だった。...
慟哭 貫井徳郎「慟哭」を読んだ。 「慟哭」といえば貫井徳郎の代表作ですが、これを読んだことがあったかどうか、わからなくなっていた。 嫁は「読んでるわよ」と...
愚行録 貫井徳郎「愚行録」を読んだ。 子供二人を含む一家惨殺事件があって、その事件の要因とかが少しずつ明らかになっていく。インタビュー形式の構成。 嫌い...
プリズム 貫井徳郎「プリズム」を読んだ。 好きか嫌いか、はっきりわかれると思う。 そういう作品であることは間違いない。 俺は、こういうのはありだと思...
崩れる 貫井徳郎「崩れる」を読んだ。 夫婦をモチーフに短編集。 なんかしらの心の機微とか、すれ違いとか、崩壊とか。 実に「世にも奇妙な物語」っぽい...
光と影の誘惑 貫井徳郎「光と影の誘惑」を読んだ。 中篇4つ。あんまり重くない文体でさらっと読める。 俗っぽい内容で、火サスみたいなクオリティという気がしないで...