優しいサヨクのための嬉遊曲

島田雅彦「優しいサヨクのための嬉遊曲」を読んだ。

これまで島田雅彦の本って読んだことがなかったのだが、どうも面白いらしくって読んでおかないといけない雰囲気を感じた。
なので読んでみた。どうせ読むなら初期のころがいいだろうと思った。

 

ファンの方にはごめんなさいだが、俺はこの本のどこが面白いんだか、さっぱり理解できませんでした。
(もう一冊くらい…読んでみないとどうにも判断できないな)